トップ>ブログ

Blog

事務所ブログ『汗まみれ日記』

■ 事務所の景色 2月上旬

2019.2.14

「事務所の景色」と題し、事務所の様子をお届けすることとなりました。

 

海野裕貴税理士事務所ってどんなところ?
そもそも税理士事務所って何をしているの?
どんな人が働いているの?

 

そんな声にお応えしながら、皆様に私達 “海野裕貴税理士事務所” を身近に感じて頂ければいいな。
そんな思いで日々を綴ってまいりたいと思いますので、どうぞ宜しくお願い致します。

 

さて、寒い寒い2月。
この時期は「所得税の確定申告」があるため、税理士事務所は一年のうちで最大の繁忙期を迎えます。
ここ数日、スタッフ達は猛烈に働いております!

 

そんな中、スタッフが1名インフルエンザを発症。
そのスタッフは、自分が発熱で辛い中、周りにうつしていないかを気にかけ、
さらに、念には念をいれて、他者へ感染の可能性が完全になくなるまで
お休みを取りたいと申し出てくれました。
この時期お休みをとることは、業務がどんどんたまるので、
実は、本人にとって非常に辛いことなのです。
自分よりチームを考えて行動してくれています。

 

そしてインフルエンザに罹ったスタッフの業務を
「私が代わりに作業を行います!」と言ってくれた別のスタッフ。

 

さらに、そのスタッフのお手伝いを快く引き受けてくれる、また別のスタッフ。

 

こうして協力しあいながら業務を進めています。

 

思い起こせば11年前に、税理士 海野がたった一人で開業した税理士事務所。
当時は、帳簿を入力するのはもちろん電話対応も、お客様にお茶をお出しするのも、
海野が全て一人で行う毎日。
海野がインフルエンザにかかったら業務が完全にストップする可能性をはらみ、
ドキドキの繁忙期だったと話しています。
でも、今はこうして仲間がいることでこの難局ものりきれているように思います。
人が2人いれば、その力は1+1=2ではなく、3にも4にもなるといいますが、
まさにそれを実感する今年の繁忙期なのでした。

 

インフルエンザ予防にR-1! いいらしいです。