トップ>ブログ

Blog

事務所ブログ『汗まみれ日記』

■ わかりやすさを大事に〜現状分析から未来の予測へ〜

2016.8.31

FullSizeRender

鎌倉の海野博貴税理士事務所スタッフのむとうです。

夏休みを頂いて田舎でのんびりさせていただきました。
今年は雨が少ないようで、お米の生育が早く
例年より1週間ほど早い収穫になるようです。

お休みでリフレッシュして充電満タン、
お客様への提案資料の作成にとりかかりました。

■まずは現状分析〜お金の流れをつかむ〜

こちらのお客様は記帳代行も承っており
別のスタッフわたなべが帳簿入力をしてくれています。
一人で帳簿入力から提案資料の作成まで担当したこともありますが
規模の大きいお客様は帳簿入力に相当の時間とエネルギーを使い果たしてしまい
その先の経営分析まで辿りつけないというもどかしさがありました。
この点、わたなべが頑張ってくれていて正直とても助かっています。

わたしはできた帳簿データから預金残高をグラフ化し、加えてお金の出入りの分析をします。
今月どんな入金があり、どんな支出があって、
結果お金が増えたのか減ったのか。
なんとなく口座にお金があるから儲かっているのかなー
お金が減ったから儲かっていないのかなー
このなんとなくを無くして、お客様に数字で実感して頂くための資料です。

 

■損益計算書もみやすく〜お店ごとに損益をご報告〜

こちらのお客様は複数店舗を展開していらっしゃるので
お店ごとの損益状況を把握したいというご要望があります。
会計ソフトでもお店ごとの損益計算書は出力できるのですが、
見慣れない方にとっては数字の羅列でしかないかも。紙の枚数も相当です。
そこでパッとみてわかるように1枚にまとめてご覧いただけるような表を作ります。
売上、原価、人件費 お店ごとにひと目でわかることで、
お客様の「数字が苦手〜」という意識も無くしたいと思っています。

損益状況を把握し、お金の流れを分析したところで海野を含めてミーティング。
黒字か赤字かだけでなく、お金の増減の理由が理解でき
これはきっとお客様にわかりやすいご説明ができるに違いないと嬉しくなってしまいました。

 

■現状分析から未来の計画へ〜予想損益もしっかりたてることが目標〜

ここまでは実績から読み取れる現状報告の資料です。
この先の経営計画をお聞きして、予想損益&予想資金繰りをたてることで
本当にお客様の事業のお手伝いができると思っています。
そこで、今回は新しく事前に伺った来年度の売上目標や
新しい事業構想をお聞きして数字に落としこむ資料を作りました。
これはまだ手探りの状態なので、今週お客様にお持ちして一緒に作りこんでいく予定です。

この資料の打ち合わせ、今週に控えていますが
お客様に喜んでいただけるだろうか、不安に駆られながらも
「なるほど!」「わかりやすい!」と言ってくださる顔を想い描きながら
パソコンとにらめっこしている日々です。

バナー(武藤さん)

■ ライフプラン表~生活の変化にともなうお金の動きを整理するお仕事。数字が見えると分かることが色々あります~

2016.8.29

P_20160808_123119

鎌倉の海野税理士事務所よりスタッフのよしはらです。8月は夏休みをもらい長野県で川遊びをしたり、涼しく過ごしてきました。
さて、今回のブログでは、ライフプラン表についてお伝えします。

■見えて初めて考えられる、今後のこと

相続発生前にご相談にいらっしゃる方に、財産と家計の状況を整理するために作成するのがライフプラン表です。
まずは、財産がいくらあるのか、そして家計の年間収支はプラスなのかマイナスなのかを把握します。家計については、今後10年~15年の間に収入・支出に関してどういった変化が起こりそうかを織り込んでいきます。

家計予測がずーっとプラスと出れば、お家のリフォームなど、節約するだけでないお金の使い方も視野に入ってきます。

もし、収支がマイナスで財産を取り崩していく場合は、どの時点でどのくらい不足が発生しそうなのかがライフプラン表から見えてきますので、その時点で有利な財産の取り崩し方を検討したりします。

 

■贈与をしたら、どうなるか?シミュレーションは、いくらでも可能

家計の収支がプラス続きの場合は、財産が毎年増えていくので、残された家族の相続税負担も増えることが予想されるため、贈与(財産の生前移転)を検討したりします。
しかしながら、誰しも自分がどのタイミングでこの世を去るのかは知ることができません。
生前に財産を渡し過ぎて、自らの生活が破たんすることはないのか、次なる気がかりが出てきます。

けれど、これも任意の贈与額をライフプランへ入れ込めば、どの程度財産が減っていいくのかが目に見えてわかります。
老いて医療費が増える可能性もありますし、予想より長生きすることだってもちろんあります。
そんな場合に家計はどうなるのか?といったことがライフプラン上で把握できるので、それではひとまず2~3年だけ贈与をしてみようとか、金額を変えようといったことが検討できるようになります。

 

■相続のみならず、現役子育て世代の方にも

ライフプラン表は、相続税を考えるような世代の方のみならず、子育て世代の方にも、いつ、どのような大型出費(教育費など)があり、準備しなければならないかを検討するには有効な方法だと感じました。
お子さんの年齢に応じて、色々なライフイベントがあると思いますが、そこにかかるであろう金額を予測してみることは、お金を貯めるにしろ使うにしろ、いい指標になりそうです。
お仕事だけではなく、自分自身のライフプランも作ってみなければと思う今日この頃です。

 

葭原さんバナー2(加工)

■ スタッフ募集中!その3〜仕事は記帳代行にとどまりません〜

2016.8.2

IMG_8623

鎌倉の海野博貴税理士事務所よりスタッフのむとうです。
長かった梅雨もようやくあけましたね。
暑い夏、子どもたちも夏休みが始まりました。

いま、税理士事務所では一緒に働いてくれる
スタッフを大募集しています!(ご応募の詳細はこちら
このHPをみて海野事務所に興味を持ってくださった方のために
私の視点から普段の仕事を紹介させていただきます。

 

■記帳代行サービスだけが仕事ではありません。

税理士事務所の仕事といえば、
「帳簿をつけて税務申告書をつくり税金を計算する」、
わりと地味なイメージを持っていらっしゃる方が多いでしょうか。
ママ友だちに「税理士事務所で働いているのよー」というと
電卓片手に難しそうな税金を計算している、ように思うそうです。
私がこの業界に入った15年ほど前は、職人技で申告書を手書きする人も
いらっしゃいましたが、今は税務ソフトが進化して税金計算はパソコンがしてくれます。
もちろん、お客様に代わり会社の帳簿をつけ税務申告書を作るのは
大事な仕事ですが、海野事務所の場合はそれ以外に大事にしていることがあります。

 

■お客様が知りたいことは何か。

例えば決算の数字がまとまり、お客様にご報告をする際には
申告に関わる書類の説明だけでなく、
来年一年間にどのくらいの税金を払うかを目安にしてもらえるよう
毎月の納税スケジュールの作ってお渡ししています。
法人税や消費税などの税金は毎月でなく
年に1度や2度の納税の方が多いので、
申告に際しての納税金額をお伝えすると、え!そんなに?と驚かれることも多く、
通常の事業の資金繰りに加え、納税に必要な資金も計画いただけるようにと
税金や社会保険料も加えた支払いのスケジュールを作っています。

決算を担当していると、申告書をまとめることにやっきになりますが、
よく海野から、お客様の知りたいことは「今年はどんな状況で、いくら税金を納めるのか」
だと言われます。私のようにスタッフはお客様と直接お会いする機会が少ないので
ニーズを肌で感じることに欠けてしまい、よく失敗してしまいますが、
基本は「お客様が知りたい情報は何なのか。お客様に役立つ情報は何なのか」
を考えぬくと自然に出てくるサービスなのだなぁとしみじみ感じます。

 

■未来の計画もお手伝い

帳簿付けは過去を振り返るタイプの仕事ですが、
お客様の未来を一緒に考える、事業計画を作るお手伝いもしています。
「売上がこのくらいで採算がとれるのかシミュレーションしてほしい」
「仕事が増えてきて人材を増やしたいのだけれど、今の売上で大丈夫?」
お客様の経営判断の参考になるような資料をご提案しています。

「とても勉強になり、本当に助かります」と経営者の方から直接お言葉をいただくと
担当として、嬉しくてたまりません。
私にとっては決算申告よりも充実感を味わえる瞬間です。

私から事務所での仕事の一端をご紹介しました。
ご興味を持たれた方はぜひご応募おまちしています!!
写真は我が家で取れた夏野菜。ほぼ毎日この量が収穫できて豊作です!

 

その2へ◀スタッフ募集中ブログ▶その4