トップ>ブログ

Blog

事務所ブログ『汗まみれ日記』

【税理士事務所】連載|バンクビジネス 第13回

2017.8.29

「基礎から身8月号トピックス用につく税務の教室」
のコーナー。

第11回「相続税の課税対象財産」
第12回「相続税の計算」に続き

今回、第13回のテーマは『相続税の税額控除と税額の加算』です。

相続税の計算もいよいよ最終段階。

相続人ごとに税額控除や、税額の加算を行います。

配偶者の税額軽減、配偶者・一親等以外の相続人への相続税の2割加算など、

見落としがちな点に言及した内容となっています。

近代セールス社様 ホームページ

メディア掲載一覧へもどる

■ はじめまして!

2017.8.28

高千穂

はじめまして。
入所3か月目に入りました福田です。

今回、子育てを経て3年ぶりの社会復帰となり緊張しております。これまでは約7年間、着物店で販売や着付けをしておりました。
「着物屋」と「税理士事務所」というと一見あまり共通点が無さそうですが、同じ「サービス業」なんだということをこの2か月で実感しています。

お客様にお渡しする決算報告書等をファイルに閉じているときでした。
「お客様にお渡しするものだから綺麗に」とのアドバイスに指の先まで緊張感が走り、仕立て上がりの着物を新しい畳紙(着物を包む紙)にしまう時の緊張感を思い出しました。

また所内の会話から「お客様が今どういった状況で何を必要としているのかをこちらが読み取って差し上げることが大切」といった内容が聞こえて来たときには、着物選びで困っているお客様とのやりとりが思い出されました。

「着物」も「税務」もお客様の大切なものをお預かりして、様々なご相談を頂きながら長くお付き合いさせて頂くという点で共通していて、だからこそ緊張感ややりがいもあるのだと思います。

とは言うものの、入所3ヶ月目の現在、これまでの経験を活かしたりやりがいを感じたりという余裕がある訳もなく、1日でも1時間でも1分でも早く目の前の仕事に慣れなければと、気を引き締めております。

お客様に安心してお話していただけるように日々精進して参ります。よろしくお願いいたします。

(写真は日本神話の原点、宮崎県の高千穂峡にて撮影した一枚。出発に相応しい、心洗われる場所です。)

■ クラウド会計 初挑戦 〜古株もチャレンジ精神を忘れずに〜

2017.8.24

IMG_1279

鎌倉の海野裕貴税理士事務所 スタッフむとうです。
この夏は雨が続き、畑の野菜も去年ほど収穫できません。。
それでも実ってくれた野菜たち、鮮度抜群です。

ここ数年、よく耳にするクラウド会計、
実は使ってみたいと思っていたのですが、なかなかチャレンジできずにいました。
以前クラウド会計を使ったことのあるお客様に相談したところ 、
「一緒にやってみましょうよ!テスト台になります!!」
との嬉しいお言葉(ありがとうございます!) 。
先月ちょうど新しい事業年度が始まったところから チャレンジさせていただいています。

「むとーさん、やっぱり使いやすかったですよー」
「帳簿書類はいつものを送りますから、あとおねがいしまーす」
とおっしゃって、スイスイと入力が済んだようでした。
それでは次は私の番、と取り掛かってみたのですが
今まで私が馴染んできた会計ソフトの入力画面とは違い、
どうしたら良いものか頭が働きません。。

どうして使いやすいんだろう。使いにくい気がするんだけど。。
作業が全く進まず途方に暮れていたのですが、ハッとしました。

私は、今までのやり方から抜け出せず、自分が馴染んでいる方法を探っていたのです。
これでは全く相手の立場に立っていないんじゃないか!
「お客様のニーズ、それが何かを捉えてサービスする。」
会計ソフトに関しては、全くその観点がなかったのではないか。

そんな気づきをお客様から頂いて、
「お客様の手間を省いて、かつスタッフの作業の効率化を図るぞ〜〜」と闘志がメラメラ〜〜。
古株もチャレンジ精神旺盛でなければなりません。
時代の波に乗り遅れることのないよう、気合充分です!

武藤さん(加工)

 

■ お客様に支えられている

2017.8.15

IMG_7793

鎌倉の海野裕貴税理士事務所スタッフ内藤です。
猛暑日や豪雨、台風などで不安定な天気が続きますが皆様いかがお過ごしでしょうか。

我が家では小学校での初めての夏休みを迎え、毎日バタバタとしております。

わたくしどものお客様もみなさま大変忙しくしていらっしゃいます。
わたくしが担当させていただいているあるお客様も
何店舗も管理され、シフトをまとめ、人がいない時はご自分で店頭にも立たれ・・・
そんな多忙を極める中領収書や請求書などを整理しこちらに毎月お送りくださいます。
その封書を見ると、胸が熱くなる思いがします。
早く丁寧に入力して資料を作成しなければという気持ちになります。
その資料で銀行様とのやりとり等に少しでもお役に立てればと思うのです。

各店舗の日々の売上表も毎月お送りくださいます。
その月の売上が良いと、こちらまでうれしくなります。
お客様も頑張っていらっしゃるのだから、わたしも頑張らなくてはと思えます。
お客様をサポートさせていただくという立場ながら、お客様に励ましていただいているのです。

今後もその気持ちを忘れず
更にお客様の立場にたって
何を必要とされているのかを少しでもくみ取れるようになっていきたいと思います。

海沿いの保育園に通う次女。
夏の間は週末に保育園友達と海の家で食べて帰ることも。
夕方から夜の海の家もいいものですよ。

内藤さん

■ 勉強会

2017.8.10

IMG_5446

こんにちは!
海野裕貴税理士事務所の高野です!

今までは「新人」と名乗っていたのですが、6月より新しいスタッフが入所し、
私は「新人」を強制卒業となりました。(笑)
とはいえ、まだ入所4ヶ月目ということでベテランの先輩スタッフのようにはいきません・・。

それでも「経験」は年月の積み重ねでしか得られませんが、
「知識」は自分の努力次第でなんとかなる!
そう思いながら、先輩方に少しでも近づけるよう調べたり、聞いたり、
勉強したりの日々を過ごしています。

この短期間で感じたことは、「税法は奥が深い」この一言につきます。

一つの事を調べれば、そこから派生し新しい疑問点が生まれ、
いろいろなパターンがあって、どんどん深くなっていく・・。
まるで、深い森に分け入るような気持ちです。

さらに、税法は毎年何かしら改正されたり、新しい制度が加わったりするので
とにかく知識の基礎作りと情報のアップデートが欠かせません。

当事務所ではありがたいことに業務の間をぬって全員参加型の「勉強会」が開かれています。
代表海野からの解説つきで最新情報の共有、そしてお客様に適用できる点など
話し合いつつ進みます。

最近では、基本書まで配布してもらいました。

所員の教育にここまで力を入れている事務所も珍しいと思いますが
それもこれも、正しい税額を算出することはもちろん
全てはお客様により良い選択肢を提供できるように、
所員一人一人の引き出しを増やすためだと思っています。

まだまだ税法と言う、ふか〜い森の入り口にさしかかったところですが
(入り口にも立ててないかもしれませんが・・)「勉強会」と「基本書」を地図として
前進していきたいと思っています。

※写真は、配布された「基本書」。ノートと本の行き来が非効率なので
調べたことは、本に直書きするタイプです。

 

高野さん

【税理士事務所】掲載|冷凍食品情報 2017年7月号(No.505)

2017.8.7

内容
2017.08.07

一般社団法人日本冷凍食品協会様より発行の
『冷凍食品情報 2017年7月号(No.505)』に、代表海野の執筆が掲載されております。

今回のテーマは
「わかりやすい年金の話」。

公的年金の受給資格期間が25年から10年に短縮される点を取り上げています。

「受給資格期間」とは、単純に保険料を支払っていた期間ではありません。

では、いつが「受給資格期間」の対象になるのかファイナンシャルプランニングの観点から、よく聞かれる疑問点を捉えつつ、具体例をあげ説明しています。

一般社団法人日本冷凍食品協会様ホームページ