トップ>ブログ

Blog

事務所ブログ『汗まみれ日記』

▪️いいサービス創りのために、クラウド、AI、RPA etcシステム導入進めてます

2019.12.10

こんにちは!スタッフの吉賀です。

 

先日、秋葉原で開催された

会計事務所博覧会2019へ参加してきました。

 

今回の目的は、スタッフみんなの業務の効率化を進めるために、RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)の導入を検討することです。

また今後情報の電子化を進めるにあたりうちの事務所にあったAI画像認識システムがないかどうかもあわせて見てきました。

 

私が新卒で入った会社は、システム会社で、そこの金融部門で仕事をしていました。どんな仕事をするにもIT知識は必須だと思っておりましたので実際に今こうして税理士事務所で働かせていただいていて、新しい会計システムの導入などに立ち会うときには、あの時学んできたことが少しではありますがつながっているように感じています。

 

また当時は、自分のやっていることが実際に誰かの役に立てているのか疑問に感じておりました。

しかし今はこうして自分がシステムを使う側に立って、お客様のために何かができるということが嬉しいです。

 

今度私の担当させていただいているお客様が、これまでの会計ソフトからクラウド会計へと移行することが決まりました。

これによって資料の管理やうちとの資料のやり取りに伴う、お客様の負担が減っていくのではないかと大きく期待しております!

お客様が自分のビジネスに専念していただけるようもっともっとサポートする力をあげてきたいです。

 

また、スタッフ自身の業務効率化を進めることで、もっとお客様の目線、お客様の立場にたった、よりよいサービスができる方向に力を注げる環境にしていくこともお客様へのより良いサービスにつながっていくと考えています。

 

新しいシステムの導入には時間と手間もかかりますが、日々の業務と上手に並行させしながら、どんどんみんなで取り入れていけたらいいですね。

 

 

 

 

先日お客様訪問後に素敵なオーナメントクッキーを購入してきました。

事務所のツリーと自宅のツリーと飾ってありますが、飾って可愛いだけでなく、クリスマス当日に食べる楽しみもくれる素敵なクッキーです。

■事務所の景色 11月

2019.12.1

 

寒い日が続きますね。こんにちは、海野裕貴税理士事務所のいりえです。

 

さて、11月も昨日でおしまい。
12月から3月までは、一般的に税理士事務所は繁忙期と言われています。
11月は繁忙期まえの最後の月ということで、忙しくなったらできないことに取り組んでまいりました。
セミナーに参加したり、新たに導入する税務会計ソフトの説明をうけたり、パソコンを新しいものにしたり・・・等です。
準備万端!は言いすぎかもしれませんが、良い準備ができたと思っています。

 

そして、事務所の打合せルームの掛け軸は、11月の綺麗な紅葉から12月は禅語「松樹千年翠」にかわります。

~松の木は千年の長い歳月を経ても風雪に耐え抜いて常に緑を保ち続けている。変化していないように見えるが、春には新芽がめぶき、古いものは枯れる。このように常に変化をしていくことで変わらぬ姿を維持している。~

 

こんな意味があると税理士海野から聞いています。
美しく力強い掛け軸の文字をみていると、お客様に変わらないサービスをし続けるためには、既成概念にとらわれることなく、常に学び、新しいものに取り組んでいくことが大切ですよ!という声が聞こえてくるようです。

今月受けたセミナーや新しいソフトの説明会から得た学びを自分のものにして、変化を恐れず進化していきたいと思います。

 

今日からは師走!皆様にとって一年の良い締めくくりの月となりますように。