■ スタッフ募集中!その3〜仕事は記帳代行にとどまりません〜

IMG_8623

鎌倉の海野博貴税理士事務所よりスタッフのむとうです。
長かった梅雨もようやくあけましたね。
暑い夏、子どもたちも夏休みが始まりました。

いま、税理士事務所では一緒に働いてくれる
スタッフを大募集しています!(ご応募の詳細はこちら
このHPをみて海野事務所に興味を持ってくださった方のために
私の視点から普段の仕事を紹介させていただきます。

 

■記帳代行サービスだけが仕事ではありません。

税理士事務所の仕事といえば、
「帳簿をつけて税務申告書をつくり税金を計算する」、
わりと地味なイメージを持っていらっしゃる方が多いでしょうか。
ママ友だちに「税理士事務所で働いているのよー」というと
電卓片手に難しそうな税金を計算している、ように思うそうです。
私がこの業界に入った15年ほど前は、職人技で申告書を手書きする人も
いらっしゃいましたが、今は税務ソフトが進化して税金計算はパソコンがしてくれます。
もちろん、お客様に代わり会社の帳簿をつけ税務申告書を作るのは
大事な仕事ですが、海野事務所の場合はそれ以外に大事にしていることがあります。

 

■お客様が知りたいことは何か。

例えば決算の数字がまとまり、お客様にご報告をする際には
申告に関わる書類の説明だけでなく、
来年一年間にどのくらいの税金を払うかを目安にしてもらえるよう
毎月の納税スケジュールの作ってお渡ししています。
法人税や消費税などの税金は毎月でなく
年に1度や2度の納税の方が多いので、
申告に際しての納税金額をお伝えすると、え!そんなに?と驚かれることも多く、
通常の事業の資金繰りに加え、納税に必要な資金も計画いただけるようにと
税金や社会保険料も加えた支払いのスケジュールを作っています。

決算を担当していると、申告書をまとめることにやっきになりますが、
よく海野から、お客様の知りたいことは「今年はどんな状況で、いくら税金を納めるのか」
だと言われます。私のようにスタッフはお客様と直接お会いする機会が少ないので
ニーズを肌で感じることに欠けてしまい、よく失敗してしまいますが、
基本は「お客様が知りたい情報は何なのか。お客様に役立つ情報は何なのか」
を考えぬくと自然に出てくるサービスなのだなぁとしみじみ感じます。

 

■未来の計画もお手伝い

帳簿付けは過去を振り返るタイプの仕事ですが、
お客様の未来を一緒に考える、事業計画を作るお手伝いもしています。
「売上がこのくらいで採算がとれるのかシミュレーションしてほしい」
「仕事が増えてきて人材を増やしたいのだけれど、今の売上で大丈夫?」
お客様の経営判断の参考になるような資料をご提案しています。

「とても勉強になり、本当に助かります」と経営者の方から直接お言葉をいただくと
担当として、嬉しくてたまりません。
私にとっては決算申告よりも充実感を味わえる瞬間です。

私から事務所での仕事の一端をご紹介しました。
ご興味を持たれた方はぜひご応募おまちしています!!
写真は我が家で取れた夏野菜。ほぼ毎日この量が収穫できて豊作です!

 

その2へ◀スタッフ募集中ブログ▶その4

 

関連記事

Comment





Comment



TOPへ