スタッフインタビューその3~入社2年目のスタッフ~

スタッフインタビュー(960×350)

今年、10年をむかえる海野裕貴税理事務所。
2017年春、今年も新しい仲間を迎えるべく、スタッフの募集をスタートします。
そこで、海野事務所ってどんなとこ?税理士事務所の働き方って?スタッフが赤裸々に語ります!

 

 

watanabe03渡辺梨紗  2015年入社
4年制大学 経済学部卒/前職:銀行員
3歳の娘のママ。食べ歩きが好きで、休日は湘南エリアのグルメを開拓中。

 

 

— まずは、転職のきっかけを教えてください。

渡辺 出産を機に前職を退職したのですが、子育て中心の家庭生活の中で「家庭は1番大切だけど、以前の様に社会とも繋がりを持っていたい‼︎」という気持ちが日に日に強くなってきました。家族に相談し、理解を得て始まった就職活動の中で、こちらの事務所の求人と出会いました。

 

— 事務所に入りたいと思った理由は何ですか?

渡辺 自分の希望する仕事=やりがいを感じながら働くことが出来、業務を通じて知識を身につけられたり、自分が成長できる仕事。一方で、今の自分の置かれている状況=幼い子供がおり、フルタイムは難しい。残業も出来ない。遠くには通えない。こんな状況でした。
“希望する仕事”よりも“今できる仕事”を見つけなければと、後者を優先して職探しをしていました。ですが、こちらの事務所の求人を見たとき「ここで働くことが出来れば両方叶うかも知れない!」と強く感じ無我夢中で履歴書を書いたのを覚えています(笑)。

 

— 実際に入社してみて、新人にはどのように業務が任されましたか?

渡辺 事務所に入ってまず最初に覚えたのは、弥生会計ソフトを使った帳簿入力でした。大学時代に簿記の資格を取っていたのと、前職で銀行業務を行っていたこともあって、そこまで抵抗なく取り組めたと思います。また、すぐ隣に先輩スタッフがいてくれたこともあり、疑問点もその場で直ぐに解消できる環境でした。その点もすごくありがたかったですね。
勤務時間も徐々に増えていく形でした。試用期間だった最初の半年間は週345時間勤務だったので、子育てと仕事の両立を無理なく始めることができました。仕事内容も生活環境も直ぐにガラリと変わったわけではなく、徐々に慣れていけたので良かったと思います。

 

— 渡辺さんのワークスタイルを教えてください。

渡辺 基本は週4日(9:00~16:00)。繁忙期や仕事の進捗状況をみて、それでは足りない場合は週5日17時を過ぎてしまうことも。でも、子供がまだ幼く、急な風邪などでどうしても休まなければならないときは、その分違う日に振り替えられたりと融通が利き、大変助かっています。

 

— 1日の流れは?

渡辺 8時前~子供を保育園へ送る。その後電車、バスで出勤。→9時 出社→16~17時 退社→18時前 保育園お迎え→18時過ぎ 帰宅、夕食 こんな1日です(笑)

渡辺05

 

— 仕事の内容を教えてください。

渡辺 ・お客様から毎月資料、データを頂き弥生会計に入力。
(入力データを元に、それぞれのお客様のニーズに応じた表やグラフ等を作成することも)
・毎月の給与計算
・決算申告(お客様によって時期は異なる)
・年末調整(12月)
・償却資産申告、法定調書、給与支払報告書(1月)
・確定申告(3月)
かなり幅広いですが、主な仕事内容としては、ざっとこんな感じでしょうか。

 

— スケジュール管理はどうしていますか?

渡辺 自分の担当しているお客様の状況によって作業内容や量は違うので、逆算して自分でスケジュール管理を行います。加えて、12月の年末調整~3月の確定申告までの時期は期限の決まっている業務が続くので最も忙しく、スケジュール管理がより重要になってきます。風邪の流行る時季でもあるので、家族含め体調管理も重要です。

 

— やりがいはなんですか?

渡辺 決算や申告など大きな作業が一区切りついたときに達成感がとてもあります。まだ2年目なので経験値はあまりありませんが、それでも去年と比べて理解出来るようになったと感じた時は嬉しく感じます。ですが、一番のやりがいを感じる瞬間はやはりお客様から「ありがとう」と言って頂けたときです。

渡辺02

 

— ベンチャー事務所のいいところはどこですか?

渡辺 スタッフごとのその時々の状況に応じて、仕事のしやすい環境を一緒に考えてもらえるところです。

 

— 実務経験の必要はありませんか?

渡辺 私自身、税理士事務所で働いたことはなく、ゼロからのスタートでした。
その分、日々新たな発見の連続で、思わぬところで今まで気にも留めなかった日常の何気ない事柄が税務と繋がりがあることに気づくこともあり、そんなときは楽しく感じますよ。
例えば私の場合、前職は銀行勤めだったので、税金の納付書は毎日のように見ていたのですが、合計金額を見るのみでその内容は全く関心がありませんでした。
ですが、今はその納付書を作成する側となり、内容を理解することにより、以前の業務の持つ意味も改めて納得できるようになりました。

 

— 一緒に働きたいスタッフ像を教えてください。

渡辺 向上心をもって仕事をこなせる方。相手の立場になって考えたり行動したりできる方ならこの事務所で活躍出来るかと思います

渡辺01

 

➡ 募集要項はこちら

 

2017-03-18 | Posted in スタッフインタビューNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment



TOPへ