トップ>お知らせ

Information

お知らせ

▪️【コロナ対策】飲食店のお酒の期限付テイクアウト販売免許(期限付酒類小売業免許)迅速化!

2020.4.11

東京都や神奈川県など、緊急事態宣言が発令されて、飲食店経営をされていらっしゃる方々には、厳しい経営環境になっています。

 

飲食店は、巣篭もり需要を取り込むべく、素早くテイクアウトや弁当による販売対応をしているところもあります。

 

本格的に、ウェブサイトからの注文システムや配送の仕組みをつくりあげようと取り組んでいらっしゃるところも。

危機を乗り越えた後を見据えて、テイクアウトが事業の柱に育つようにというわけです。まさに、ピンチをチャンスにする発想です。

 

さて、テイクアウト。実はお酒のテイクアウト販売には別途販売免許が必要で、これって実は、国税庁管轄なのです。この免許、割と面倒な手続きを踏んで時間もかかるのですが、これを簡易化するとのこと!

 

申請書類も、かなりシンプルになっています。

こういうときですから、在庫のお酒も販売したい!テイクアウトのラインナップに入れたいという飲食店もあるでしょうから、そのニーズに対応したものです。

 

但し、これは、コロナウイルス対策の期間限定の措置、提出期限は6月30日まで。免許付与から6カ月間の期間限定です。

検討の方は、早めに手続きを!

 

鎌倉大船・湘南の海野裕貴税理士事務所。

 

随時更新。湘南エリア各地(鎌倉市・逗子市・藤沢市・葉山町)の皆さまへ

緊急事態宣言と同時に発表された経済対策もどしどしわかりやすく解説していきます!

【鎌倉・湘南・横浜栄区エリア・コロナウイルス対策特別室】

 

 

▪️【資金調達手段】生命保険会社の多くで契約者貸付金利0%。加入保険を確認しよう!

2020.4.2

コロナウイルス対策の資金繰り支援策として、政策金融公庫・信用保証協会などの融資制度が発表されていますが、現在、申込みが殺到して、窓口で数時間待ちというお話も。

 

さらに申込んでも、その後、審査が通るまでに月単位で時間がかかることが予想されます。

 

融資が通るまで、手元資金が不安で、急場を凌ぎたいという方、加入している生命保険を確認してください。

 

その生命保険が、解約したら掛け金が戻ってくる解約返戻金のあるタイプの保険だったら、生命保険会社から、解約返戻金の7〜8割の範囲内で、借り入れができるのをご存じでしょうか?

 

しかも、銀行などの融資と違って手続きが早い!

 

これを「契約者貸付」と言います。

 

もちろん、借りるわけですから、利子と併せて返済しないといけません。

 

ところが、現在、コロナ支援の一環でこの利子を0%としている生命保険会社が多いのです。つまり無利子でスピーディに借入ができる可能性があるということです。

 

保険の種類を限定している会社、法人契約の保険にも対応している会社etc各社対応が異なるようですので、気になる経営者の皆様、保険会社に確認してみましょう。

 

 

(雑感)

税理士として、お客様先に声をかけお手伝いしている最中ですが、このコロナ禍で、前向きにひた向きに、苦しいのに愚痴も言わずに、やれることをたんたんと、そういう経営者を何人もみています。

そういう人たちが、向かい風を浮力に変えるのだと、そう思い駆け回る毎日です。

 

鎌倉大船・湘南の海野裕貴税理士事務所。

 

随時更新。湘南エリア各地(鎌倉市・逗子市・藤沢市・葉山町)の皆さまへ

【鎌倉・湘南・横浜栄区エリア・コロナウイルス対策特別室】