トップ>お知らせ

Information

お知らせ

▪️年末年始休暇のご案内

2019.12.27

12月28日(土)から1月5日(日)まで、お休みをいただきます。

期間中ご不便をおかけするかと存じますが、ご了承くださいませ。

本年もご愛顧いただき、誠にありがとうございました!

来る年もどうぞ宜しくお願い致します。

 

鎌倉大船・湘南の海野裕貴税理士事務所より

 

▪️医療費控除、雑損控除、寄附金控除etcの還付申告は年明け1月からできますよ

2019.12.24

令和元年の確定申告は、令和2年の2月17日から3月15日まで、なのですが、確定申告時期の税務署は殺人的な人混み。もし、税金を返してもらう還付申告の方は、年明け1月からできるのをご存知ですか?

 

例えば、会社を退職して年末調整を受けていない人は、税金を多めに天引きされているケースが多いので、還付申告で戻してもらいましょう。

 

今年は医療費がかかった、災害で被害が出た、ふるさと納税や寄付を行ったという方々も、それぞれ、医療費控除、雑損控除、寄附金控除で還付申告ということもあるでしょう。

 

実は還付申告、早いほど指定の口座に振り込まれる(税金が返ってくる)のも早くなります。e-TAXならもっと早いですよ。

 

ちなみに還付申告、翌年1月1日から受付けますが、その後5年間手続き可能です。お忙しい方は、あとでゆっくりお手続き、という手もあります。

 

参考:確定申告書作成コーナー(令和2年1月6日(月)公開予定)

 

鎌倉大船・湘南の海野裕貴税理士事務所より

▪️超簡単!スマホでお手軽、QRコードコンビニ納付

2019.12.23

ほとんどの税金は、セブンやローソン、ファミマなどのコンビニで簡単に納付できるってご存知ですか?

 

わざわざ金融機関や税務署に行って、納付書を取り寄せて、記入して・・・そんな手間は必要なし。

 

納める税額がわかったら、下記のページで、必要事項と税額を入力して、QRコードを作成!スマホに保存して、コンビニへ。

ローソンならLoppi、ファミマならFamiポートなどに読み込ませたら、バーコードが”ジジジ”と出てくるから、レジに持っていって納付。

おしまい。

 

但し、このコンビニ納付は、キャッシュレス納付(参考:確定申告したらクレカでキャッシュレス納税 )は不可、現金で納めましょう。上限30万円まで。

簡単な納税ならコンビニでお手軽に♪

 

参考:QRコード作成はこちらから

 

 

鎌倉大船・湘南の海野裕貴税理士事務所より

▪️『バンクビジネス2020年1月号 お客様に喜ばれる税金アドバイス』掲載

2019.12.22

金融機関さん向け雑誌「バンクビジネス」の連載、もう新年号の装い、季節先取りです。

さて連載中の「お客様に喜ばれる税金アドバイス」、今月は「消費税の軽減税率」について、弊所の海野が執筆しています。

 

消費税の軽減税率制度が導入されて、キャッシュレスポイント還元と共に、中小企業の現場では、ずいぶん混乱しているようです。特に、小売、飲食業界では、業務負荷が増えて大変なようです。

 

なので、金融機関の方々も、そういったお客様とお話ができるように、消費税軽減税率の一般的知識について。

 

リポビタンDは10%、オロナミンCは軽減税率8%って知ってました?

 

バンクビジネス2020年1月号:近代セールス社

 

鎌倉大船・湘南の海野裕貴税理士事務所より

▪️経営セーフティ共済で、掛金を全額経費にしながら、もしもの借入先を作っておく

2019.12.21

日々経営者と会う税理士の肌感覚として、中小企業の景気環境がいよいよ冷え込んできたのを実感します。

取引先の倒産、そんな不測の事態の借入先を作っておく。経営セーフティ共済はそんなイメージの制度です。

 

ただ、この経営セーフティ共済、大きな特徴が3つあります。

 

一つは、掛金が全額経費になる税制優遇があること。

 

それと、40ヶ月以上かけ続ければ、解約しても掛金が全額戻ること。

 

もう一つは、取引先の倒産に関係なしに、臨時に資金が必要な時に、解約手当金の95%を限度に借入を受けられること。

 

もしもの時に重宝する、税制優遇のある共済です。

 

参考:経営セーフティ共済

 

鎌倉大船・湘南の海野裕貴税理士事務所より

 

▪️確定申告したらクレカでキャッシュレス納税

2019.12.20

所得税や法人税も、クレジットカードで納税ができるようになったのはご存知ですか?

 

クレジットカードでの納付は、事前の登録なんて必要ないし、24時間対応ですから納付の手間も省けますよね。手元現金が厳しい時もありがたいし、支払方法をリボ払いにしていたら分割払いにもなりますね。

 

ただし一点だけご注意を。

 

クレジットカード払いは、国税庁が手続きを民間に委託しているので手数料がかかるんです(手数料率は、下記の支払サイトでご確認ください。)。なので、国税のクレカ払いで手数料を上回るポイントがつくなら、活用しても、負担感も軽減するかもですね。

 

国税の支払にポイントがつくかどうかは、カード会社次第、ぜひ皆さんの利用しているカード会社に確認してみてください。

 

スマホで、確定申告をして、クレカで納税。

時代は変わりましたね。

 

参考:国税のクレジット支払いサイト

参考:クレジットカード納付Q&A

 

鎌倉大船・湘南の海野裕貴税理士事務所より

 

▪️未婚のシングルも寡婦(夫)控除で少しばかりの子育て支援。

2019.12.19

先日発表された税制改正大綱。

昨年も議論のあった寡婦(夫)控除の適用拡大に決着がつきましたね。

 

寡婦(夫)控除とは、配偶者と離別・死別したのち、再婚せずに子供を扶養している人が、最大35万円を所得から引けて所得税の負担を軽減できますよ、という制度です。

 

この寡婦(夫)控除、これまでは「婚姻していたこと」が要件だったのですが、「未婚のシングル」の場合にも適用されるように改正の見込み。

 

一人で子供を育てるのに、結婚していたかどうかなんて関係ないはず。むしろ未婚のほうが大変ですものね、きっと。

 

あわせて、この寡婦(夫)控除、これまでは、寡「夫」だけに合計所得が500万円以下の人が受けられますよという所得制限がありましたが、寡「婦」も同じ所得制限を設けて男女差をなくすようです。

 

税金ではありませんが、子育て・福祉サービス料の算定などでは、未婚のシングルの方についても寡婦(夫)控除をみなし適用する地方自治体もすでにありました。

 

やっと税制が時代に追いついたというところでしょうか。

改正は、令和2年の所得税からです。

 

鎌倉大船・湘南の海野裕貴税理士事務所より

 

▪️確定申告!仕事に使うドローンは経費になるの?

2019.12.18

最近、空撮用にドローンを事業に活用する例もあるようです。

そのドローンも立派な資産、耐用年数は何年でしょうか?

 

答えは、5年。購入費用を5年かけて経費にするイメージですね。

 

参考:空撮ドローンの耐用年数

 

でも最近は、低価格で高性能なドローンも発売されていますね。

 

もし、ドローンが30万円未満だったら、青色申告(きちんと帳簿をつけている)している中小企業者だと買って使い出した年に全額経費に。10万円未満なら、青色申告をしていなくても消耗品費として一括経費計上できますよ。

 

個別具体的な相談は、弊所もしくは税理士などの専門家か税務署へどうぞ。

鎌倉大船・湘南の海野裕貴税理士事務所より

 

 

 

 

▪️退職金をもらったら確定申告をしないといけませんか?

2019.12.17

「退職金を受け取ったら、確定申告必要?」という質問をよく受けます。

 

それは、会社に「退職所得の受給に関する申告書」という書類を出しているかどうかによります。

 

では出しているかどうかを確認するには、どうしたらいいか?

会社からもらった「退職金の源泉徴収票」の「区分」欄をご覧ください。

 

3段あって、上段・中段に金額の記載がある場合は、きちんと税金の計算もされているので確定申告の必要なし。

 

下段(サンプルの赤カッコ)に記載がある場合は、「退職所得の受給に関する申告書」が提出されていません。そのため、退職金から税金が多めに天引きされていますので、確定申告で還付(税金を返してもらう)してもらいましょう。

 

退職所得の源泉徴収票のサンプル

 

 

個別具体的な相談は、税理士などの専門家か税務署へどうぞ。

鎌倉大船・湘南の海野裕貴税理士事務所より

▪️最近流行のサブスクリプション、向こう1年分を支払って経費に

2019.12.16

短期前払費用の特例をご存知でしょうか?

支払った日から1年以内に提供を受ける役務に係る支払いを前払いした場合、支払った期(年)の経費にすることができます。

 

12月が決算の法人さんや個人の方は、例えば、土地や建物の賃料、システムのリース料、保険料などは、この先1年分を年払いすることで、今期の費用にすることができるわけです。

 

但し、注意点は、今期以降も継続的に年払いしないといけないので、「今期だけ」というわけにはいきません。そのため、きちんと契約書も「年払い」を明記してもらうとなお安心でしょう。

 

最近、流行りのサブスクリプション、例えば、ソフト使用料の年払いというのも対象になりそうです。

個人事業の方で、支払いも年内いっぺんにという方にはもってこいですね。

 

参考:短期前払費用について

 

個別具体的な条件によりますので、専門家や顧問税理士さんにご相談の上、ご対応くださいね。

 

鎌倉大船・湘南の海野裕貴税理士事務所より