トップ>お知らせ

Information

お知らせ

▪️流行ってきたインフルエンザ、予防接種も福利厚生費に

2019.11.30

インフルエンザがいよいよ本格的な流行期になってきました。会社としても従業員さんのインフルエンザには気をつけてあげたいところです。

 

予防接種が業務上必須であり、全社員を対象に希望者全員の費用を負担する場合は、「福利厚生費」として経費に。一方、役員とか特定の職位の人だけ、という場合には、従業員に所得税がかかる「給与」として経費に。業務上必要とする人が全員受けられるかどうかが福利厚生費になるかのポイントですね。

 

消費税増税ともあいまって、予防接種代も値上がりしているようですから、会社が負担してくれれば、従業員さんもうれしいでしょうし、会社としても欠勤で業務に支障を出さずに済むかもしれませんね。

 

ちなみに、従業員の家族の予防接種代は、「福利厚生費」としてでなく、「給与」として対応しましょう。

 

鎌倉・大船・湘南の海野裕貴税理士事務所より

▪️今年から確定申告はスマホで簡単に済ませましょう。

2019.11.29

確定申告の時期、税務署って超混み合いますよね。

例えば、医療費控除を受けて確定申告で還付を受けようという方

還付申告は、年明け1月1日からと、通常(2月15日から)より少し早めに申告できますから、年明けすいているうちに税務署へ。

 

もっと楽なのはスマホ申告!

税務署で、e-TAXの開始届を出してIDをもらったら、スマホで還付申告ができますよ(要本人確認@税務署)。

来年以降もスマホで申告できますし、カードリーダーも不要。

簡単な確定申告ならずいぶん便利ですよ!

 

参考:スマホでe-TAXが簡単になりました!

 

鎌倉・大船・湘南の海野裕貴税理士事務所より

 

 

▪️今年も贈与をするのなら、転ばぬ先の杖、きちんと手続きを

2019.11.28

贈与税が1年単位で課税されることから、この時節、相続対策もかねて、子や孫に毎年贈与をするご家庭も多くいらっしゃいますね。

今年ももうすぐおわり、贈与手続きはおえましたか?

 

ちなみに、その贈与、のちのち疑義を残さないよう、手続きは万全ですか?

 

①贈与契約書を取り交わしましょう。

(贈与をした・うけた意思の確認ができなければなりません。)

②現金なら、贈与者(親・祖父母)から、受贈者(子)名義の口座へできれば銀行口座をつうじて資金移動の履歴を残しましょう。

③名義変更の必要な財産の贈与なら、すみやかに名義変更手続きしておきましょう。

④贈与税がかかるなら贈与税申告を期限までにすませましょう。

(年間110万円を超える贈与を受けたら贈与税申告が必要です。)

 

家族・親族だからこそ、なあなあにならないように。

大事な転ばぬ先の杖です。

 

鎌倉・大船・湘南の海野裕貴税理士事務所より

 

▪️11月末は、個人事業税の納付期限ですのでお忘れなく

2019.11.27

個人事業主さんで、事業税を納める方は、11月末が第2期納付期限です。

所得税・消費税・事業税・住民税など、税金は色々ありますが、

納付期限がそれぞれ違うので、ついつい忘れそうになることも!

 

事業税は振替納税ができるので、お手続きをされると

納付漏れを防げたり、支払にいく手間が省けたりしていいかもしれません。

また、納付する金額によっては、コンビニエンスストアでの納付もできるんですよ。

 

参考:神奈川県 口座振替による納税制度のご案内

 

鎌倉・大船・湘南の海野裕貴税理士事務所より

▪️キャッシュレスポイント還元店になるのは今からでも遅くない

2019.11.26

10月1日、消費税率が10%となりました。

同時に、キャッシュレス・ポイント還元の加盟店登録をすると、カード決済などでお客様に5%ポイント還元(一般の中小・小規模事業者の場合)ができます。

 

しかし、日常の忙しさに登録手続きできなかった!というお店や、これから開業するお店も当然加盟店ではありませんよね。

 

でも、ご安心を。この登録申請、実は、来年2020年4月末まで手続きできます。

なので、今からでも遅くありません。

キャッシュレス決済を活用したい方、決済事業者さんに連絡するか、以下のサイトから申請を。

 

参考:キャッシュレス・ポイント還元事業ウェブサイト

▪️医療費控除は、家族の分も上手に活用しましょうね

2019.11.25

冷え込む日も増えてきましたが、風邪などひいていませんか?

やっぱり健康第一ですが、もし医療費がかさんだら、確定申告で医療費控除を活用できる様に、領収書を取っておきましょう。

 

ちなみに医療費控除は、自分の分だけでなく、生計が同じ(財布が同じ)家族の分を支払っても対象になりますよ。

共働き夫婦で夫の扶養から外れている奥さんの医療費を支払っても、

同居している社会人の子どもの医療費を支払っても、

医療費控除の対象です。

 

医療費控除一つとっても、ちょっとした知識で税負担も変わってきますよ。

 

大船・鎌倉の海野税理士事務所より

▪️所得税の予定納税は11月末まで。お忘れなく!

2019.11.24

11月末は、所得税(及び復興特別所得税)の予定納税の納付期限です。

予定納税というのは、所得税のいわば一部前払い制度。

対象となる方は、税務署から通知の葉書が来ているはず。

忙しいこの時期、うっかり納付忘れのないようにお気をつけて!

 

大船・鎌倉の海野税理士事務所より

 

▪️年末から始める資産形成。小規模企業共済は年払いも可能です。

2019.11.23

個人事業さんや会社役員さんの退職金制度、小規模企業共済。

 

積立てておけば、積立金全額が所得控除(いわゆる経費)として毎年の所得税・住民税が軽減されます。生命保険料控除などとは大違いの優遇ですよね。

 

実は、この小規模企業共済、向こう1年分の一括年払い(前納)も可能で、年内に払込みが間に合えば、全額今年の所得控除となるのはご存知ですか?

 

年内駆け込みまだ間に合いそうです。

 

ご興味のある方は、お手続きどうぞお急ぎください。

 

ご参考:小規模企業共済のウェブサイトはこちら

 

大船・鎌倉の海野税理士事務所より

 

 

▪️今年もそろそろ「ふるさと納税」?

2019.11.22

気付けば今年ももうすぐ師走。

忙しくなる前に、今年のふるさと納税をお忘れなく。

 

ちなみに、事務所では、毎年ふるさと納税手当がでる。

その資金で、スタッフはふるさと納税をするのだけど

今年は、「家計の足しにしない。自分がワクワクするものへ。」というコンセプト。さて、何に寄付するかな。

 

あ、そうそう、

ANA(全日本空輸)にも「ふるさと納税サイト」があって、

寄付するとマイルも貯まるので、ANAマイラーさんは、ちょっとお得。

https://furusato.ana.co.jp/

 

大船・鎌倉の海野税理士事務所より

 

▪️事務所blog更新しました。

2019.11.21

年末調整のこと、葭原が書きました。

事務所はじわっと繁忙期モードへ。

インフルが流行っているそうで、昨日はイソジン買い込んできました。

 

■年末調整