トップ>ブログ

Blog

事務所ブログ『汗まみれ日記』

■ スタッフ募集中!その9〜申告期限があるからできる業務の逆算とママスタッフ中心の働きやすさ〜

2016.11.14

p_20161008_190141

鎌倉の海野税理士事務所よりスタッフのよしはらです。
日が短くなったこの頃、近所の公園ではキャンドルナイトが開催されていました。
さて、年長児のいる我が家では、運動会を筆頭に「これで最後」のイベントが目白押し。
事務所に入ったころは0歳児クラスだったと思うと本当にあっという間の6年間です。

■申告期限は法定期限、締切厳守だからできるスケジュールの立て方

そんなわけで、6年前、右も左もわからず税務会計の世界に足を踏み入れた私ですが、この仕事は比較的、母親業と兼務しやすいのではないかと感じています。(もちろん会社によっても様々ではありますが)

第一に締切が明確です。たとえば、確定申告は3月15日、決算申告は会社ごとに〇月〇日とはっきり決まっています。これらは、法律で定められた期限なので、間に合わなかった…といったことは、絶対にあり得ません。かと言って、それらの締切は急に決定されるわけではないので、前もって準備していくことができます。

何日までに最初の申告書を海野に提出し、チェックしたものがいつ頃戻ってきて、それを修正するのに2日かける。お客様への説明はこのタイミングで実施して、税務署への提出は〇日!!といったスケジュールから逆算して、いつまでに何を終わらせれば間に合うのかを自分で予定していくのです。

さらに、そうやって立てた自分の予定に、
「子供が風邪気味なので、小児科に寄りたい日」
「習い事があるから〇時には絶対退社する日」
「夕飯の支度をしてきたから長めに働ける日」
を織り込みながら、仕事と育児の両輪を日々回していくようなイメージです。

はじめは、見積もり通りの業務時間で終わらないこともありますし、突発的な仕事もありますが、そのうちに業務と育児のピースを組み替えて、自分の持ち時間に当てはめていくことができるようになると思います。それでも、はまる場所のないピースについては、事務所に相談といったところでしょうか。

■持ち帰れない仕事だからこその良さ

時短勤務でも結局は持ち帰って家で仕事をする、という話を聞くことがありますが、ここの仕事はそうは行きません。お客様の個人情報、法人の決算数値などは持ち帰れるものではないですし、そもそも、それらを処理する税務会計ソフトは自宅のPCには入っていないためです。

この縛りがあるからこそ、何が何でも業務時間内に終わらせようという集中力が発揮されますし、仕事とプライベートのメリハリがつくようにも思います。と言いつつ、担当のお客様の決算時期になると、帳簿のことを夢にみたりはします(笑)

■何よりも、スタッフ全員がママという環境

現在、税務会計のスタッフは全員が子育て中のため、早く帰るのが「普通」という環境です。気後れすることなく、それぞれの時間で帰宅します。
逆に言えば、やり残した仕事を引き受けてくれる「残業できる若者」はいないのですが、それによってもまた自律的に仕事をコントロールする習慣が身に付くように思います。

勤務時間は短めに設定できても、仕事量は少なくないので、結果、働き方としては濃密にならざるをえない海野事務所。これまでの経験を活かして時短勤務したい方、子育てしながら達成感を味わいたい方にはとっても向いていると思います。興味を持っていただけたら、ぜひ募集要項をチェックしてくださいね。

葭原さんバナー2(加工)

 

その8へ◀スタッフ募集中ブログ▶その1

 

■ スタッフ募集中!その8〜ママには嬉しい時短勤務〜

2016.10.20

img_9459

鎌倉の海野裕貴税理士事務所よりスタッフのむとうです。
カラッと秋晴れの日曜日。
大掃除に衣替えと一日中家事に追われて、
働く主婦としては疲れるけれど嬉しい週末でした。

さて、いま事務所では一緒に働いてくださる方を募集しています。
(詳しくはこちらをどうぞ
先日海野から、「新しくスタッフ募集をするにあたって、ママスタッフたちは
どこに魅力を感じて応募してくれたのか教えて欲しい」と
ランチミーティングをしたことがありました。
今日は応募をお考えの方に少しでも参考になれば、と
自分が応募したときのことを紹介したいと思います。

 

■仕事をしたい子育て中の方にはもってこいの時短勤務

現在、私は入社して4年目です。
4年前は、一般企業の正社員で働いていて
長男が保育園の年中、次男はなんと別の!保育園で0歳保育、
そろそろ次男が1歳を迎える頃、転職を考えはじめました。

前の職場では、時短勤務の制度はあったものの、
時短勤務ができるのは0歳のうちだけ。1歳なんて、まだまだこれからが大変な時期、
加えて長男は小学校入学が控えていて、うわさに聞く1年生の壁もそびえ立ち
このまま仕事を続けるのは難しいなぁと思っていました。

更に我が家の場合、子育てで祖父母の助けを借りるのが難しく
夫は週末はイクメンですが、平日は帰りが遅く
わたしが孤軍奮闘するしかない状態。

仕事はしたいけど、今の職場では難しい。
「働きがいのある!でも短い時間で働ける職場がないかしら?」
と欲張りな職探しをはじめ、事務所のスタッフ募集ページを見つけたのが
ご縁の始まりでした〜

時間は短いけれども、仕事のやりがいがいまいち とか
仕事のやりがいはあるけれども、短い時間で働くのは難しい とか
仕事をしながら子育てをするママには、よくある悩みではないでしょうか。

海野事務所は仕事のやりがいは他のスタッフもお伝えしているとおり
経験のあるなしにかかわらず、なんでもやらざるを得ないので、十分あります(笑)
「そんな仕事、やったことないけど、やってみるわ!」というガッツがある方、大歓迎です。

お客様が増えるに比例して各々の仕事が増えるのは嬉しい悲鳴ですが、
時短勤務が少々難しくなってきているこの頃。
サービスの質は落とさず、いかに効率を上げるかに最大のパワーを注ぎ、
自分で勤務時間のやりくりをつけ、なんとか子育てとの両立頑張っています!

興味を持ってくださった方、ご応募お待ちしています!

武藤さん(加工)

 

その7へ◀スタッフ募集中ブログ▶その9

 

■ スタッフ募集中!その7~2つの事業に携われる事務所です~

2016.10.7

securedownload1
鎌倉、大船、湘南エリアの海野税理士事務所スタッフの渡辺です。
 先月は毎週のように台風が訪れ、洗濯物に困った方も多いのではないでしょうか?
少しでも晴れた日があればすかさず洗濯機を何度もまわすのが
最近のお決まりとなっている我が家です。さて、最近はリクルートブログが続いていますが、
今回もその関連で事務所の事をご紹介したいと思います。

ご存知の方も多くいらっしゃることと思いますが、
海野税理士事務所は税理士業とは別に、
事務所の所在する鎌倉の街を盛り上げる地域活性事業
「合同会社かまくらの学校」を運営しております。

そのため、税理士事務所に勤務をしながら
かまくらの学校事業のお手伝いをする機会にも恵まれます。

今年で3周年を迎えた同社。
さらなるステップアップの時期に来たということで、
ここ数ヶ月ずっと進めているプロジェクトがあります。

“鎌倉の街を盛り上げる”ということで
その名も「カマモリプロジェクト」

その第一弾として、100人の先生と鎌倉に結びつく100講座
をつくりだすという大きな計画があり、
先日の10月1日がその記念すべき始業日でした!

事務所では同社専任スタッフを中心に準備を進め、
税理士事務所所属のスタッフも週に複数回、
このためのミーティングに参加しました。

普段はなかなか携わる機会がないからこそ出てくる観点や意見が逆に新鮮で、
その提案がそのまま採用されることも多々!
日々パソコンや数字と睨めっこの作業が多いため
同事業に携わることは、頭の良い切り替えとなったり、視野が広がったりと
税務の仕事にも少なからず良い影響となっているように思いました。

税理士事務所はたくさんありますが、
税以外の事業にも携われる事務所はなかなかないと思います。
“税務に携わり、鎌倉の街を盛り上げるお手伝いも出来る”「一度で二度おいしい!」笑
そんな職場に少しでもご興味の湧いた方、
是非ご応募をお待ちしています!

梨紗さんバナー2(加工)

 

その6へ◀スタッフ募集中ブログ▶その8

 

■ スタッフ募集中!~その6 社風はベンチャー、風通しのよい組織で活躍したい方待ってます~

2016.10.5

p_20161005_072328

鎌倉の海野税理士事務所よりスタッフのよしはらです。
食欲の秋到来。気温も下がりオーブンが使いやすくなったので、粉もの好きとしてはいい季節?!
朝ごはん用に、きなこスコーンを焼きました。
さて、海野事務所は、現在、設立9年目の個人事務所。
私自身は入社して6年目ですが、今回は、組織としての事務所の姿をお伝えします。

■仕事内容はサービス業、脱・先生稼業の税理士事務所

私は、親族が別士業の事務所に勤めていることもあって、当然「海野先生」と呼ぶのが相場だと思っていましたが、入社早々、「先生って呼ぶのは、無しね~」と言われ、拍子抜けした記憶があります。
これに象徴されるように、お客様に対し知識を提供できるサービス業、ということに非常に重きを置いています。専門家として、上に立つのではなく、お客様にとって伴走者であるような関係を大切にしていると感じます。

このため、税務会計業界が未経験であっても、接客業の経験がある人や相手の意向を汲む力のあるスタッフは担当を持たせてもらえたり、任せてもらえる業務がどんどん広がって、結果、税務会計の知識も身についていく、というようなケースが多いように思えます。

■あくまでベンチャー事務所、無いものはこれから作っていける

制度や設備などは、個人事務所なり…なので、何もかも万全ですとは言い難いですが、声をあげれば必要なものは取り入れてもらえたり、状況に応じてゼロからつくっていったりすることができる環境です。
与えられたものを、受け止めるだけでいいわ~、という方には少々億劫かも知れませんが、こうなったらもっとお客様のためになるのに、事務所がよくなるのに、といった発想が持てる方、自身の所属する組織に積極的に関わっていきたい意欲のある方には、面白い職場だと思います。

海野も折に触れて「みんなは、どう思ってる?」といったことを聞くので、自分自身が感じている率直な意見が言える、比較的風通しのよい組織だと感じています。
もちろん、経営サイドと従業員側では食い違うこともありますが、それが人事考課に響くこともない…と思っています(笑)

■経験者も未経験者も、要はやる気次第

そんなわけで、サービス業を標榜する海野事務所は新規のお引き合いを含め、猛烈に多忙な日々を送っています。
経験者も未経験者も、やる気があれば活躍できる場は揃っています!
こんな職場に興味を持っていただけたら、ぜひご応募くださいね、お待ちしています。

葭原さんバナー2(加工)

 

その5へ◀スタッフ募集中ブログ▶その7

 

■ スタッフ募集中!その5〜大事にしていること 経験は問いません!〜

2016.9.21

img_9177

鎌倉の海野博貴税理士事務所スタッフのむとうです。
暑さも落ち着いてようやく我が家のキャンプシーズン到来!
今回は子供たちが自分でつくったフラッグを持参しました。

さて、事務所はいま一緒に働いてくださる方を募集中です。
詳しくはこちらをどうぞ
事務所はどんな方にご応募いただきたいか、わたしなりの視点からご紹介いたします。

 

■お客様にサービスをお届けする仕事です〜

税理士事務所って「難しい税金の計算をする仕事、
帳簿をつけて税務申告して確定申告が忙しい」
といったイメージを持たれているのではないでしょうか。
「申告書を作るのはどの事務所でもできること、
税理士事務所の仕事はどこに頼んでもさほど違いは無い」
そんなことはありません!
税理士事務所のHPでは「税理士業は先生稼業ではなく、
お客様それぞれにオーダーメイドのサービスを提供することを目指す」と言っていて
これを見たときにカミナリに打たれたような衝撃を受けたことを覚えています。

お客様が望んでいるサービスは何か、どんなことでお困りなのか
帳簿をつけるときでさえ、常にお客様の立場に立った視点を大事にしています。
メールを書くのも、電話をするのもお客様によって最善のアプローチ方法を考えたり
仕訳をきる時間よりも時間をかけていることのように思います。
税理士ってサービス業だなあと感じる瞬間です。
サービス業が好きな方ならとても合っている職業だと思いますよ。

 

■経験か?やる気か?

税理士事務所の仕事は会計・税務に関する専門事務なので
会計事務所や財務・経理での経験があれば、
比較的スムーズに仕事に慣れることができると思いますが、
私以外の税務スタッフはなんとみな会計事務所未経験者です。
「採用した結果がたまたまそうだった」のかもしれませんが(笑)
会計事務所の経験を最優先してない、
面接で向上心や勉強意欲がヒシヒシと感じられる「やる気」を
重視した現れなのではないかと思います。
経験は時間をかけて積んでいくしかない、
つまり「やる気」があれば時間をかけて自分で積み上げていけるもの。
会計事務所が未経験な方でも、臆せずご応募いただけます!

 

以上個人的な視点から書かせて頂きました。
いかがでしょうか。
少しでも事務所に興味を持たれた方、ぜひご応募お待ちしています!

 

バナー(武藤さん)

 

その4へ◀スタッフ募集中ブログ▶その6

 

■ スタッフ募集中!その4~必要なのは専門知識だけではありません!~

2016.9.12

securedownload1

鎌倉・大船・湘南エリアの海野税理士事務所スタッフの渡辺です。

他のスタッフの最近のブログにも書かれていますが、
現在当事務所では一緒に働きたいスタッフを大募集しています。

私自身のことをお伝えすると、入所したのは1年半程前、
税理士事務所勤務経験はなく1からのスタートでした。

入所前は会計帳簿の入力くらいしか仕事内容として
イメージできるものはありませんでしたが、
実際にはそれ以外に給与計算、損益の予測、納税スケジュールの把握、
それらに伴う表作成等々あらゆる内容の業務を日々行っています。

また法人は決算、個人は確定申告と1年に1回お客様の成果をまとめる
大きな作業にも携わります。
そして私はまだ未経験分野ですが、当事務所は相続分野にも力を入れているので、
その類の仕事も多々あります。

経験のない方がそれだけを聞くときっと身構えてしまうかも知れません。
ですが、それは新しい挑戦の場がたくさん用意されていると
置き換えることができますよね。
普段の生活の中ではその様な機会はなかなかないと思います!

『相手の立場になる』これは海野がいつも口にするフレーズです。
どんな些細な仕事でもその根本は『相手の立場になる』ということ。
そうなって初めて良いサービスが提供出来、お客様との良い信頼関係が生まれます。

またこれもよく海野が口にする言葉なのですが、
『“Give&Take” とある様に何事も“Give(与える)”が先。
Giveして初めて“Take(返ってくる)”となる事を忘れない様に』ということ。
何をするにも、先ず「どのようにしたら相手を満足させられるか」と
考えられる方なら当事務所では必ず活躍出来ると思います!

未経験でも知識は後から付いてきます。
私自身まだまだ半人前。その分、知識以外のところでは劣らない様
意識して取り組んでいます。

挑戦したいという意欲のある方、相手を思いやれる気持ちのある方、
是非ご応募お待ちしています!!

7月にオープンした『ZAIMOKU THE TERRACE』へ行ってきました。
どのお店もオシャレで、かつ目の前が海岸なのでロケーションも最高でした。

梨紗さんバナー2(加工)

 

その3へ◀スタッフ募集中ブログ▶その5

 

■ スタッフ募集中!その3〜仕事は記帳代行にとどまりません〜

2016.8.2

IMG_8623

鎌倉の海野博貴税理士事務所よりスタッフのむとうです。
長かった梅雨もようやくあけましたね。
暑い夏、子どもたちも夏休みが始まりました。

いま、税理士事務所では一緒に働いてくれる
スタッフを大募集しています!(ご応募の詳細はこちら
このHPをみて海野事務所に興味を持ってくださった方のために
私の視点から普段の仕事を紹介させていただきます。

 

■記帳代行サービスだけが仕事ではありません。

税理士事務所の仕事といえば、
「帳簿をつけて税務申告書をつくり税金を計算する」、
わりと地味なイメージを持っていらっしゃる方が多いでしょうか。
ママ友だちに「税理士事務所で働いているのよー」というと
電卓片手に難しそうな税金を計算している、ように思うそうです。
私がこの業界に入った15年ほど前は、職人技で申告書を手書きする人も
いらっしゃいましたが、今は税務ソフトが進化して税金計算はパソコンがしてくれます。
もちろん、お客様に代わり会社の帳簿をつけ税務申告書を作るのは
大事な仕事ですが、海野事務所の場合はそれ以外に大事にしていることがあります。

 

■お客様が知りたいことは何か。

例えば決算の数字がまとまり、お客様にご報告をする際には
申告に関わる書類の説明だけでなく、
来年一年間にどのくらいの税金を払うかを目安にしてもらえるよう
毎月の納税スケジュールの作ってお渡ししています。
法人税や消費税などの税金は毎月でなく
年に1度や2度の納税の方が多いので、
申告に際しての納税金額をお伝えすると、え!そんなに?と驚かれることも多く、
通常の事業の資金繰りに加え、納税に必要な資金も計画いただけるようにと
税金や社会保険料も加えた支払いのスケジュールを作っています。

決算を担当していると、申告書をまとめることにやっきになりますが、
よく海野から、お客様の知りたいことは「今年はどんな状況で、いくら税金を納めるのか」
だと言われます。私のようにスタッフはお客様と直接お会いする機会が少ないので
ニーズを肌で感じることに欠けてしまい、よく失敗してしまいますが、
基本は「お客様が知りたい情報は何なのか。お客様に役立つ情報は何なのか」
を考えぬくと自然に出てくるサービスなのだなぁとしみじみ感じます。

 

■未来の計画もお手伝い

帳簿付けは過去を振り返るタイプの仕事ですが、
お客様の未来を一緒に考える、事業計画を作るお手伝いもしています。
「売上がこのくらいで採算がとれるのかシミュレーションしてほしい」
「仕事が増えてきて人材を増やしたいのだけれど、今の売上で大丈夫?」
お客様の経営判断の参考になるような資料をご提案しています。

「とても勉強になり、本当に助かります」と経営者の方から直接お言葉をいただくと
担当として、嬉しくてたまりません。
私にとっては決算申告よりも充実感を味わえる瞬間です。

私から事務所での仕事の一端をご紹介しました。
ご興味を持たれた方はぜひご応募おまちしています!!
写真は我が家で取れた夏野菜。ほぼ毎日この量が収穫できて豊作です!

 

その2へ◀スタッフ募集中ブログ▶その4

 

■ スタッフ募集中!その2~専門事務の面白味、担当制の醍醐味をどうぞ~

2016.7.19

P_20160718_142959

鎌倉の海野税理士事務所よりスタッフのよしはらです。
猛暑予報の今年、週末は子供と水遊びでやり過ごしていますが、事務所も相変わらず忙しくアツい日々を送っています。
そんなわけで、現在、新スタッフの募集をしています!どんなお仕事か、私個人の視点から少し紹介いたします。

■事務は事務でも専門事務

募集職種は、「事務」ですが、実際は、なかなかに特殊な事務であります。
顧問先様の記帳代行をするにも、税務申告書類を作成するにも、その処理の仕方に法的な定めがある場合が多いです。
この会社ならではの方法や慣例に則るだけではなく、厳然たるルールがあるのが、異業種から未経験で入社した私にはとても新鮮なものに見えました。

よってはじめは、そのルールを必死に調べまくり、でも結論がわからない、もうこんな時間!なーんてこともあるわけですが、経験を積むにつれて自身の引き出しも増えていくので、状況に応じて、「あ、これはああやって処理するんだったな」といった余裕も生まれてきます。

もちろん、税理士資格をお持ちの方や科目合格の方なら、こうした面では一歩リードでしょうか。未経験の方もやる気と実力があれば、任せてもらえるチャンスは多いので、働きながら知識を身に着けていくことができる環境です。

 

■基本は顧客担当制、自分の裁量が試されます

原則、一社を一人で担当します。
お客様の会社の規模や業種は様々なので、未経験者には、比較的売上規模が小さい会社さんや仕訳本数が多くない帳簿がアサインされます。
多くは前任者が社内にいて、それを引き継ぐことからスタート。慣れてきたら新規のお客様を担当していくことになる、というのがイメージでしょうか。

担当者になったら、そのお客様にとって必要なことは何か、次回はこういった提案をしたらよいのではないか、を常に意識して仕事をします。
また、決算に至るまで、日々のタスクをどう処理していけば期日に間に合うかは、担当者の力が試される場面でもあります。

と言うと、負担が多いようにも思えますが、逆から見れば自分でコントロールできる部分も多いということ。
今日は夕飯の作り置きがあるから、長めに働いてここまで終えよう!とか
明日は子供の用事があるから、定時で帰るぞ。など
徐々に自分でリズムを作れるようになってきます。(もちろん、差し込みの仕事もあるので常にとはいきませんが)

何よりお客様に喜んでもらえた時やねぎらいの言葉を頂戴した時は、担当者は紛れもなく自分なので達成感を味わうこともできます。

 

以上が、私が感じる海野事務所での働き方の一面です。興味をもっていただけ方、ぜひご応募くださいね!
募集要項はこちらです。

 

その1へ◀スタッフ募集中ブログ▶その3

 

■ スタッフ募集中!〜初めの一歩を踏み出しませんか〜

2016.7.7

ランドセル

鎌倉の海野税理士事務所よりスタッフのみうらです。
日増しに夏が近づいてきますね!

ただいま事務所では私たちと一緒に働いてくれるスタッフを募集中です。
子供が小さいから、、、と働くことを迷っていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。
そういう私も2年前はその中の1人でした。でも今は「思い切って働いてよかった!」と思える自分がいます。

事務所には小さい子供がいるママスタッフもたくさんいます。もちろん育児や家事に加え仕事も、、、となるとフル回転の毎日です。
子供の都合で、急に出社できなくなった!熱や怪我でお迎えの電話が!ということも、以前よりは少なくなったもののまだまだあります。(着信があると恐る恐る電話を取ってしまいます・汗)
でも、使える時間が限られているからこそ時間のやりくりがいつの間にか上手くなり、集中力もつきました。集中しすぎて話しかけないでオーラが出ていることもしばしば^^
仕事の量が変わるわけではないので、やり方を工夫したり、スピードアップさせたりともう必死です。

曲がりなりにも2年間働いてきて、こういうことができる人が海野事務所に向いているなと思うことを3つ挙げてみました。

□自分で考えて行動にうつす
新人でもきちんと意見を聞いてもらえます。自分の意見をしっかり持って積極的に動ける力は必須です。

□わからないことはどんどん質問する
待っていても時間は過ぎていくばかりです。周りが忙しそうにしていても切り込んでいける図太さも時には必要です。

□どうしたらもっと良くなるだろうという向上心を忘れない
事務所もスタッフ個々人も成長中です。常に変化していくことを受け止め、成長したいと思う方は多岐にわたる仕事を任せてもらえます。

いかがでしたでしょうか。
迷っているあなた、まずは一歩踏み出してみませんか?ご応募お待ちしています^^

小さかった娘も来春はついに小学生。
この2年間で親子共々成長させてもらいました。

三浦さん(加工2)

 

その9へ◀スタッフ募集中ブログ▶その2