トップ>ブログ

Blog

事務所ブログ『汗まみれ日記』

■  税理士事務所の仕事~たくさんの「なるほど!」と出会う日々~

2016.4.2

image1

鎌倉・大船の海野税理士事務所スタッフの渡辺です。

税理士事務所にあまり馴染みのない方は
「税理士事務所って何やってるんだろう?」と
お思いになると思います。
私も1年前までは疑問に思う1人でした。
皆様はどのようなイメージを持たれますか?

インドアな、どちらかというと地味なイメージを
持つ方も多いのではないでしょうか。
確かにあまり派手さはありませんが、
些細な業務でも後々違う場面で繋がってくることが多く、
その度にひらめいたり、発見したり様々な感動に出会えます。

「あのときのあの作業はこのためだったのか~!」などと感じることもよくあり、
知識が増えるほどに仕事の面白さが増してきます。

1年前の入所時、まず最初に身につけたことは会計ソフトを使った帳簿入力でした。
お客様からお預かりした資料を基に
日々のお金の流れを1つずつ記録していく作業です。
簡単で単純な作業に見えて実はとても重要な作業。
なぜならひとつひとつの記録が後の決算や申告に関わってくるからです。

例えば1つの売上の記録でもその金額が正しくないと
決算時に収める税金の額が変わってきます。
これは私の実体験なのですが、たった1つの変更でも
いくつもの書類を修正しなければならなくなるので
日々の記録ひとつひとつが決算に関わる
重要な要素になるのだと痛感した出来事でした。

また、毎月行う業務のひとつである給与計算に関して。
給与明細を発行するだけでなく、所得税や社会保険の金額を算出し、
お客様に納税額をお知らせします。
突然ですが、ご自分の給与明細をいつも詳細までじっくり見ていますか?
私自身もそれまでは手取り金額にしか関心がなかったのですが、
給与計算〜納税までの一連の流れを知り「そうだったのかぁ!」と
納得、感動したのを今でも覚えています。

お客様によって違いはありますが、基本的には月ごとに資料のやり取りをし、
上記の様な業務を中心に行うというのがルーティン作業となります。
毎回同じ流れなので一見平凡に感じますが、
その全てが決算というゴールに繋がっているのです。

私自身、最初の頃は目先のことで精一杯でしたが、
仕事をしていく中で知識や経験が増えてくると、
次に同じ事をする際には理解している分応用が利き、
以前よりもスムーズに進められるようになりました。
そんな瞬間が自分の中で「少し成長出来たかも?」と思え嬉しく感じます。

税理士事務所の仕事は「なるほど!」の連続。
時には本業以外の普段の生活との関わりを発見できることも。。
新鮮で奥が深く、まだまだこれから新たな「なるほど!」に出会えそうな予感がします。

写真はかつては毎月通っていたパン教室にて。
最近はなかなか行かれずかれこれ3年振りに先日行ってきました。
パンの香り、先生や他の生徒さんとのお喋りに至福なひととき。
リフレッシュも大切だと改めて実感しました!!

梨紗さんバナー2(加工)

 

■ 事務所は「こんな方と一緒に働きたい!」と思っている。~1年生の視点で思うこと~

2016.3.15

image1

鎌倉・大船の海野税理士事務所よりスタッフの渡辺です。

3月に入り、大分暖かい日が増えてきましたね!
事務所は確定申告が終わり穏やかな空気が流れていますが、
きっとこの穏やかな時間もほんの一瞬。。。
事務所は次に向けて動きだす準備をしています。

さて、思い返せば去年の今頃は求職活動を始めた時期でした。
そこで、事務所では今後も仲間を増やそうと考えていますので
1年も経っていない立場の私ですが、少し振り返ってみて、
事務所は、こんな仲間を求めてる!と感じることを
今回のブログで少しお伝え出来ればと思います。

1、相手の立場になって考える。

一見当たり前で簡単に感じますが、いつ何時でもそうすることは
なかなか難しいものです。

つい先日のこと、提出した資料が大量の“付箋”と“?マーク”が付いて返却されてきました。

改めて読み返してみたら「確かに分かりにくい」と感じる
ことが盛りだくさんで猛反省しました。
日常の何気ない業務1つであっても、
その先に必ず相手がいることを意識しなければいけません。
そういう意識の高い方は周りのスタッフやお客様から信頼を得られ
必ず活躍できると思います。

2、自主的に動く。

最初は分からない事が多いのは当たり前。
自己判断で行動するより指示を仰ぐことの方が多いですが、
その中でも全て受け身にならず、
できる範囲で動く姿勢を持つことが大切だと感じます。

日々の業務の中で疑問点は盛りだくさん。
周りの先輩スタッフは知識もあり親切なので
質問すれば教えてくださいますが、
それでは相手の手を止め、仕事の妨げをしてしまうことになります。
また自身の成長にも繋がりません。

私自身今でも質問責めにしてしまうことが多いですが
質問するにもまず自分の中で考え、調べ、
それでもわからないことに絞らなければと思う日々です。
事務所では自ら動こうという姿勢が大切だと感じます。

3、感謝の気持ちをもつ(表す)

以前、海野より文面の言葉遣いで注意を受けたことがありました。
新卒の新入社員ならまだしも、この歳になって言葉づかいで注意されるとは
思ってもいなかったのでとても恥ずかしかったのですが、
それと同時に「注意して貰えるのはありがたいなぁ」とも。

恩恵を受けて「ありがとう」と言うことはよくありますが、
時に注意、指摘されることに対しても素直に受けとめ、
感謝できる方と私も一緒に働きたいなと思います。

どれも当たり前のことばかりですが、意外と難しいものです。
私自身上記3つとも未達成でまだまだ発展途上中。
一緒に切磋琢磨して成長出来る方が増えればとても嬉しいです。

ちょっと昔の話になりますが
確定申告シーズンまっただ中だった一ヶ月ほど、
我が家でも雛人形を飾っていました!
2歳半の娘は初めて「ひな祭り」という行事を認識しているようで
興味津々に眺めたり触ってみたりして愉しんでいました。

バナー(梨紗さん)