ブログ

■ 私たちはチーム〜みんなでやり遂げる〜

DSC01243

鎌倉の海野税理士事務所よりスタッフのみうらです。

繁忙期が終わり少しホッとしているいるこの時期、1年を振り返ってのレビューを海野からもらいます。
「個人面談をするから」と言われると、いつもドキリ。分かってはいても、緊張してしまいます。
そんな私を温かく迎えてくれる海野。A4の用紙1枚にまとめられた端的にかつ的を得たレビューをいただき、忙しい中でも本当によく見てくれているなと感じます。
良いところもこれから期待するところも、自分が意識していなかったことまで評価してもらい、私以上に私を知っているのでは?と毎回驚かされます。

面談を終え、この1年特に気をつけていこう!と心に決めたのはこちら。

指示から1週間手がつかない業務があったら相談

実は、前期レビューからいただいていたもので、クリアできなかったものです。
予定している仕事があっても、急ぎの仕事が入ることもしばしば。予定が押して、ひとりで焦ることもありました。しかし、ほかのスタッフも多くの仕事を抱えているのに手伝ってもらうのは申し訳ない、、、とのためらいもあり「自分でやらなければ」と思い込んでいました。

せっかくいただいた仕事なので自分でやり遂げたい気持ちはあるのですが、結局間に合わなければご迷惑をおかけするのはお客様になります。
しかし、海野の

「僕たちはチームなんだから」

という言葉にハッとしました。
そうだ!私たちはチーム。
時間がタイトなときこそこまめに相談して、みんなで協力して進めていく。
前にも言われていたことなのに、忘れてしまっていました。

「大切なのは何か」
見失わずにこの1年を過ごしたいと思います。

お客様からいただいたりんごで娘とアップルパイを作ってみました。
雨の降るお休みの日は、ゆっくり子供と向き合う良い時間です^^

三浦さん(加工2)

2016-05-02 | Posted in ブログNo Comments » 

 

▪️若手から中堅へ。新人気分を卒業し、働き方のレベルアップを意識する年に。

image1
こんにちは、かまくらの学校アシスタントスタッフの八島です。

桜は散ってしまいましたが、街のあちこちで花が咲き、
思わずシャッターを切ってしまう毎日です^^

先週、事務所では個人面談がありました。
1年間の振り返りと評価、これから期待されることをフィードバックされます。

私は入社してから初めての個人面談!
ドキドキしながらノックし、
30分ほどじっくりと面談いただきました。
(ちなみにこの面談、昔は和室で正座で行っていたそうですよ!笑)

評価については、こんな所を評価してもらえているのか、
と素直に嬉しく、励みになりました。
やはり褒めてもらえるのは、何歳になっても嬉しいものですね(*^^*)笑

そして、大事なのはこれから、期待されること。
今年の自分の課題にもなる部分です。
その中の1つに、「目的意識を持ち、全体を見渡して仕事に取り組むこと」が。

まずはやってみよー!と、その時その時の勢いでガーッと取り組み、
逆算ができずに直前でバタバタとしてしまうことが多かったこれまでの私。

がむしゃらに取組む若手のやり方はそろそろ卒業し、
これからは少しレベルアップして、全体を見渡してから、
やるべき事を考える中堅の働き方を目指して意識していこうということ。

事務所に入社してからはまだ1年ですが、
社会人としてはそろそろ中堅に差し掛かる年齢でもあります。
これまでも散々言われてきた「仕事のやり方を見直す」の意味が
ようやくスッと自分の中で理解できたような気がします。

他にも課題は沢山あるのですが、毎日意識できるよう、
コピーをとって手帳の中に忍ばせました。
先輩スタッフのように、毎朝仕事をする前に見返して
1日1日を過ごしていこうと思います!

 

八島バナー3(加工)

2016-04-18 | Posted in ブログNo Comments » 

 

■ 印紙税のはなし その1 ~貼り忘れたら3倍のペナルティ~

 

印紙税(加工6)

鎌倉の海野税理士事務所よりスタッフ武藤です。
たくさんある税金の中でも事業をしている方にとっては
印紙税はとても身近な、あるいは実は身近に感じていないといけない
税金の一つですよね。でもよくわからないという方、多いのではないでしょうか。
「税務調査が来る!印紙は貼ってある!?どうしたらいい??」
と慌てないためにも、印紙税について少し調べてみました。

■印紙の貼り忘れ、ペナルティは最大3倍!
税務調査をうけて、契約書、領収書など印紙を貼らなくてはならない文書に
もし税務調査で貼り忘れを指摘されたら
どのくらいのペナルティ(過怠税といいます)が課されるかご存知でしょうか?

過怠税のパターンは2つ。
パターン1:貼り忘れていたら、貼り忘れた金額の3倍。
パターン2:貼る金額が少なかったら、少なかった金額の3倍。
とにかく3倍です。

パターン1の場合、具体的に言うと、例えば売上金額が5,000万円の請負契約書には
2万円の印紙が必要です。
この契約書に印紙をはり忘れていたら、過怠税は2万円×3倍=6万円です。
過怠税は罰則金ですから、会社や個人の経費にはできません。
お気づきでしょうか。最初から印紙を貼っておけば、2万円は経費にできたのに
印紙を貼り忘れて、3倍の6万円を払うのに、その6万円は全く経費にはなりません。

じゃあ、もう少し身近な金額で・・・。
受取金額5万円の領収書に200円の印紙を貼り忘れていて
税務調査で貼り忘れを指摘されたら、200円×3倍=600円の過怠税かというと、
実はそうではありません。
過怠税の計算の結果が1,000円未満だったら、過怠税は1,000円となるんです。
過怠税は最低1,000円払わなくてはなりません。

印紙を貼っただけでホッとしてしまってはいけません。
「消印」をしていないことでも罰金が課せられます。
「消印」とは「印紙がもう使えないよ」という印をつけることです。
この消印がなくても、貼ってある印紙と同額の過怠税がかかります。

■間違えて貼っても大丈夫。返金してもらえます!
貼り忘れたら大変!と印紙を貼ったけど、「印紙を貼る必要がなかった・・・」
なんてこともありませんか?

印紙の金額を間違えて多く貼ってしまったり、
貼る必要がない文書に印紙を貼ってしまったり、契約書をつくって印紙を貼ったけれど
不備があって契約書を作り直したりする場合など、
もし間違ってしまっても、ちゃんと手続きをとれば、
誤って納付してしまった税金(印紙代)を返金(還付といいます)してもらえます。

消印をしていても、大丈夫。間違った印紙を貼った文書と一緒に
「印紙税過誤納確認申請書」(国税庁HP)を税務署に提出すると、
確認ののち銀行振込か郵便局を通じて還付してもらえます。

ただし、間違った印紙をはがしたりしてはいけません。「文書に貼ったまま」が重要です。
この手続きができるのは印紙を貼ってから5年以内と期限がありますのでご注意を。

 

バナー(武藤さん)

2016-04-11 | Posted in ■ 印紙税のはなしNo Comments » 

 

■ 入社してもうすぐ1年、スタッフ間でのコミュニケーションを大切にするちょっとした習慣

DSC09079

こんにちは、かまくらの学校アシスタントスタッフの八島です。
各地で桜が満開となり、新年度もスタートしましたね。

さて、私も入社して来月で1年が経とうとしています。
1年間過ごしてみて、こんな慣習面白くて好きだな~!この事務所ならではなのでは?と
感じている、日々のちょっとした習慣をお伝えします^^

 

月初ミーティング

月初めに、スタッフ全員が顔をそろえ、1ヶ月のやることや各自の仕事の状況や
お客様の情報の共有をする場。そして、この場でこれからやることなどの指示がドドーンとあることも。
大量のTO DOが、「これは〇〇、これは××ちゃんやって」とみるみる割り振られ、
先輩スタッフたちがその場で仕事のスケジュールを組み立てていく様子に、
「阿吽の呼吸とはこのことだ・・・!」と最初は目が点に(笑)
私にとっては、先輩スタッフの指示の聞き方や仰ぎ方を勉強させてもらう場でもあるのです。

 

月に1度の席替え

事務所では、毎月1回、くじ引きで席替えを行います。
くじ引きで席替えなんて、小学生の頃を思い出しませんか?(笑)
色々なスタッフと話せるように、気分転換をできるようにというのが理由。

事務所内は、全部で3部屋(2名ずつ配置されます)。
目の前が壁のため、気が散らずに没頭できる集中部屋。
リビングで、来客などその日の状況によって席が移り変わるノマド部屋。
畳のある落ち着いた雰囲気の、リラックス部屋。

今月はどこの席になるのかな~と、毎月楽しみな瞬間でもあります^^

 

ランチをみんなで食べる

不定期ですが、比較的業務が落ち着いている時期に、
スタッフ全員でテーブルを囲み、ランチを食べる日があります!
ママさんスタッフが多いということもあり、スタッフは基本手作り弁当。
日頃は自分のデスクでササーッと済ませてしまうのですが、
たまのこういう時間は、スタッフ間のコミュニケーションもうまれ、とても楽しい時間です^^

 

午後のティータイム

お客様から素敵な差入れをいただいたとき、
長期休み明けでスタッフがお土産を持ってきたときなど、
美味しいものをいただく時はみんなでコーヒーや紅茶を飲みながら
ちょっとした午後のひと時を過ごします!
普段なかなか話せないプライベートなお話をしたり、スタッフの旅のお土産話を聞いたりetc

 

全てに共通していることは、スタッフ同士のコミュニケーションを図れるための工夫ということ。
こういった習慣のおかげで、同期入社がおらず初めは少し心細かった新しい環境にも、
すんなりと慣れることができたな~と感じています。

バタバタと毎日が過ぎてしまう中でも、こういったスタッフ同士のコミュニケーションの時間を
大切にする、遊び心(?)のある習慣がとても素敵で、ここでのさりげない雑談が
かま学の業務のヒントになったりもしているんですよ♪

通勤中、町中の桜を見上げながら出社すると、事務所にも桜の花が・・・!
こちらももうじき満開になりそうです^^

 

八島バナー3(加工)

2016-04-07 | Posted in ブログNo Comments » 

 

■ ふるさと納税 実は簡単!今年こそやってみる? ~鎌倉市のお礼の品も充実~

DSC01235

鎌倉の海野税理士事務所よりスタッフのみうらです。
インドア派な我が家ですが、久しぶりのお出かけで寒空の中、金沢動物園に行ってきました。
おかげで吾妻山で見逃した菜の花が見られ、ちょっと得した気分になりました。

さて、事務所では、「ふるさと納税手当」というちょっと変わったお手当がいただけます。
こちらは、「ふるさと納税」とはどんなものかを体験するためのものなので、毎年違う自治体に寄附させてもらっており、「今年はどこにしようか」と悩むのもまた楽しみとなっています。
今年で私が体験させていただくのは3年目なのですが、平成27年分からはグッと使い勝手が良くなった印象を受けました。

【使い勝手が良くなった理由】

(手続き面:手間が減り簡単になりました)
5自治体(都道府県・市区町村)以内なら、確定申告不要
(ただし、①確定申告不要な給与所得者等であること、②納税先自治体に申請書を送ることが必要)
 通常、サラリーマンの方なら申請書を送るだけ!

(税負担面:税負担の減額枠が広がりました)
・住民税の特例控除額が1割から2割に引き上げになったことで、控除額の上限が約2倍に
 つまり、これまでよりも多く寄附できる!

より私たちにとって寄附しやすい体制が整ったため、各自治体もお礼の品を今まで以上に充実させたり、支払いもクレジットカード決済ができるようになっていたりと力を入れているのを感じました。
そこで、私もいただいたお手当以上に寄附し、しっかり特産品をいただきました。

寄附先を決める際、私が利用させてもらっているのは、ふるさとチョイスというHPです。
こちらからは、お礼の品はもちろんのこと、各自治体の年ごとの寄附の件数や金額も確認できるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ちなみに、事務所がある鎌倉市のお礼の品には、鎌倉に行ったら「寄ってみたい」お店、「やってみたい」こと、がギュッと集まっています!
家に居ながら鎌倉を楽しめるようにもなっていますが、これをキッカケに鎌倉に出かける機会になればうれしいです。
実は、ふるさと納税のお礼として、かまくらの学校の講座を体験できるパスポートが出ています。
これから対象講座がどんどん出てきますので、ご興味のある方は覗いてみてくださいね。

ふるさと納税は自分で「寄附先」と「使う目的」が選べます。
また調べていくうちに、その自治体に興味を持ったり、特産品を知る機会にもなります。
日本に住んでいても知らないことがたくさんあることに恥ずかしくなりますが、同時に知る楽しさも感じています。
みなさんにもふるさと納税を通じて、もっと日本を知っていただけたらと思います。

ふるさと納税、ぜひ体験してみてください。
1度やってみると、もう1件やってみようかな、と思う簡単さです。

 

バナー(三浦さん)

 

2016-04-07 | Posted in ブログNo Comments » 

 

■  税理士事務所の仕事~たくさんの「なるほど!」と出会う日々~

image1

鎌倉・大船の海野税理士事務所スタッフの渡辺です。

税理士事務所にあまり馴染みのない方は
「税理士事務所って何やってるんだろう?」と
お思いになると思います。
私も1年前までは疑問に思う1人でした。
皆様はどのようなイメージを持たれますか?

インドアな、どちらかというと地味なイメージを
持つ方も多いのではないでしょうか。
確かにあまり派手さはありませんが、
些細な業務でも後々違う場面で繋がってくることが多く、
その度にひらめいたり、発見したり様々な感動に出会えます。

「あのときのあの作業はこのためだったのか~!」などと感じることもよくあり、
知識が増えるほどに仕事の面白さが増してきます。

1年前の入所時、まず最初に身につけたことは会計ソフトを使った帳簿入力でした。
お客様からお預かりした資料を基に
日々のお金の流れを1つずつ記録していく作業です。
簡単で単純な作業に見えて実はとても重要な作業。
なぜならひとつひとつの記録が後の決算や申告に関わってくるからです。

例えば1つの売上の記録でもその金額が正しくないと
決算時に収める税金の額が変わってきます。
これは私の実体験なのですが、たった1つの変更でも
いくつもの書類を修正しなければならなくなるので
日々の記録ひとつひとつが決算に関わる
重要な要素になるのだと痛感した出来事でした。

また、毎月行う業務のひとつである給与計算に関して。
給与明細を発行するだけでなく、所得税や社会保険の金額を算出し、
お客様に納税額をお知らせします。
突然ですが、ご自分の給与明細をいつも詳細までじっくり見ていますか?
私自身もそれまでは手取り金額にしか関心がなかったのですが、
給与計算〜納税までの一連の流れを知り「そうだったのかぁ!」と
納得、感動したのを今でも覚えています。

お客様によって違いはありますが、基本的には月ごとに資料のやり取りをし、
上記の様な業務を中心に行うというのがルーティン作業となります。
毎回同じ流れなので一見平凡に感じますが、
その全てが決算というゴールに繋がっているのです。

私自身、最初の頃は目先のことで精一杯でしたが、
仕事をしていく中で知識や経験が増えてくると、
次に同じ事をする際には理解している分応用が利き、
以前よりもスムーズに進められるようになりました。
そんな瞬間が自分の中で「少し成長出来たかも?」と思え嬉しく感じます。

税理士事務所の仕事は「なるほど!」の連続。
時には本業以外の普段の生活との関わりを発見できることも。。
新鮮で奥が深く、まだまだこれから新たな「なるほど!」に出会えそうな予感がします。

写真はかつては毎月通っていたパン教室にて。
最近はなかなか行かれずかれこれ3年振りに先日行ってきました。
パンの香り、先生や他の生徒さんとのお喋りに至福なひととき。
リフレッシュも大切だと改めて実感しました!!

梨紗さんバナー2(加工)

 

2016-04-02 | Posted in ■ 人のこと, ブログNo Comments » 

 

■ 「全ての人でなく、たった一人のあの人のために」が大切。ディープな鎌倉情報が満載の新Webサイト準備中。

DSC08913

こんにちは、最近はインドカレーがマイブームの、かまくらの学校アシスタントスタッフの八島です。

早いもので、今日から新年度がスタートですね!
この時期は異動や新天地など、新しいスタートとなる方も多いのではないでしょうか?
事務所では大きな変化はないのですが、やっぱりこの時期はなんだかわくわくしてしまいます^^

さて、かまくらの学校は、新たなスタートに向けて、ただいませっせと準備中。
何を準備しているのかと言うと、これを片手に鎌倉を散策すれば間違い無し!と
いえるような、新しいWeサイトの開設です!

サイトを作る上で、念頭においているのは
「鎌倉を訪れる自分の友人に喜んでもらえるように」ということ。

これは実は、ページにのせる内容に行き詰まっているときに、
海野からいただいたアドバイスでもあるのです。

友人の顔を思い浮かべると、のせたい情報・アイデアがわんさかと湧いてきました!

知らないと素通りしてしまいそうなちょっとした風景、
雰囲気のある路地裏etc ガイドブックには載っていない
鎌倉らしいスポットを楽しめるルートをだったり。

伝統的な行事から、お店で開催している小さなイベントまで、
ぎゅっとまとめたイベントカレンダーを作ってみたり。

色々な情報まとめサイトなどを参考にしながら、どう配置したら見やすいか、
どんな情報があったら散策しやすいかなど、あれこれ試しながら作っています。

ちょっと大きいことを言ってしまいますが、
鎌倉の情報なら右に出るものはいない!というくらい
鎌倉散策に欠かせない存在にしてくことが密かな野望です(笑)

そんなこんなで、この4月もあっという間に過ぎてしまいそうです。
オープンの際は、こちらでもご案内しますので、どうぞ楽しみにしていてくださいね^^

 

バナー(八島)

2016-04-01 | Posted in ブログNo Comments » 

 

■消費税免税店を開こう!その2 ~免税品として販売できるものは家電製品から化粧品、民芸品まで様々~

免税店バナー2

目次
その1 ~免税店にはどんな種類があるの?~
その2 ~免税品として販売できるものは家電製品から化粧品、民芸品まで様々~
その3 ~近隣店舗で一緒に免税販売を盛り上げよう!「手続委託型」の申請手続きはどうやってするの?~

鎌倉の海野税理士事務所よりスタッフのよしはらです。
消費税免税店制度について、どうしたら免税店になれるか?をご紹介するコーナーのその2です。今回は、免税販売できる商品について詳しくみていきます。

 

■日本国内で消費しないものが免税品

消費税は日本国内で消費されるものに対して課税されます。なので、旅行者の方々がお土産として購入し、日本では消費せず、自国に持ち帰ってから消費するものについては消費税を課税する必要がないので、免税しよう。というのが、消費税免税店制度の根本です。
ですから、未開封・未使用の状態で自国に持ち帰ることができるものが、免税品となります。

 

 ■免税品は2区分

その1でもご紹介しましたが、免税品には2区分あります。
「一般物品」と「消耗品」です。
「一般物品」は、家電製品、カバン、靴、洋服、着物、時計、宝飾品、民芸品などです。
これらは、自分自身が海外旅行に行った際にも、空港やDUTY FREEショップなどでも目にすることが多い商品で、イメージが湧きやすいですね。

もう一方の「消耗品」は、果物、食品、化粧品、飲料、医薬品などです。これらは金額的にもさほど高額ではないものもあり、消耗品という言葉がしっくりくるような身近な物品です。
「消耗品」を免税品として取り扱うことができるようになったのは2014年10月1日からです。これにより、街中のドラッグストアなどでも免税店になるケースが増えたと思われ、普段、買い物をしているお店でも「TAX FREE!」といったポップを目にする機会が多くなったのではないでしょうか。

「一般物品」も「消耗品」も、免税対象となる下限の金額が、平成228年5月より引き下げられる予定です。これまで、比較的低価格の商品を中心に扱っていて、免税販売の対象となりづらかったお店でも導入を検討する余地がありそうです。
また、手続委託型の場合は、複数店舗での購入を合算して判定しますので、商店街単位での導入にすれば、より一層ビジネスチャンスが拡がるかもしれません。

 

ところで、特に「消耗品」は一点の価格が少額なものもありますので、まとめ買いをする旅行者の方もいるかもしれませんが、免税品となるのはあくまで、お土産の範囲です。自国に戻ってそれらを事業用や販売用にすることが明らかな場合には、免税販売の対象外となります。

図表

■販売時の包装には要注意

冒頭でも触れましたが、購入した旅行者の方々は未開封・未使用の状態で持ち帰らなければならないため、販売する側にもそれに応じた包装が求められています。
具体的には、以下の通りです。
『プラスチック製の袋』 または 『段ボール製等の箱』で
①出国までに破損しない十分な強度があること
②開封した場合には、そのことが分かるシールで封印すること
③包装した内容物や個数が確認できること
(袋の場合は透明で中身が見えること、箱の場合は内容物や数量を記載した書面を貼付)
④出国まで開封しないこと等を日本語および外国語で注意喚起する

外国語で注意喚起・・・と言われると導入するのにハードルが高そうですが、
観光庁のサイトでは、免税販売や手続きについて多言語での説明シートがダウンロードできるようになっていますので、こうしたものも上手に活用しましょう!
http://www.mlit.go.jp/kankocho/tax-free/after.html

あなたのお店や商店街で取り扱う商品に、免税品に向いたものはありそうでしたか?
次回は、いよいよ免税店として販売を開始するための具体的な手続きついてご紹介したいと思います。

 

目次
その1 ~免税店にはどんな種類があるの?~
その2 ~免税品として販売できるものは家電製品から化粧品、民芸品まで様々~
その3 ~近隣店舗で一緒に免税販売を盛り上げよう!「手続委託型」の申請手続きはどうやってするの?~

 

バナー(葭原さん)

2016-03-22 | Posted in ■ 免税店を開こう!No Comments » 

 

■消費税免税店を開こう!その1 ~免税店にはどんな種類があるの?~

免税店バナー2

目次
その1 ~免税店にはどんな種類があるの?~
その2 ~免税品として販売できるものは家電製品から化粧品、民芸品まで様々~
その3 ~近隣店舗で一緒に免税販売を盛り上げよう!「手続委託型」の申請手続きはどうやってするの?~

鎌倉の海野税理士事務所よりスタッフのよしはらです。
今回より、消費税免税店制度について、どうしたら免税店になれるか?
を中心にご紹介するコーナーを担当することになりました。

さっそくですが、免税店でお買い物♪と聞けば、海外旅行の楽しみの一つ
という方もいらっしゃるのではないでしょうか。
ですが、最近は国内に居ても、「免税」の文字を目にする機会が増えたと
感じている方も多いのではないかと思います。
そうです。日本を訪れる外国人旅行者の方々を対象に、
「消費税を免除して」販売できる商品の種類やお店が増えているのです。

 

■訪日外国人観光客はビッグマーケット

日本を訪れる外国人旅行者の方は、2013年に初めて1000万人を突破し、
2015年には前年度47%増の1973万7400人を達成。

3年連続で過去最高を更新しています。
2014年に日本を訪れた外国人旅行者の方々が使った旅行費用のうち、
宿泊代と買い物代がそれぞれ3割占めるなど、日本での「お買い物」は
旅行者にとって大きな魅力となっているようです。
2015年に、「爆買い」が流行語大賞に選ばれたことも納得ですね。


免税販売できるお店なら、旅行者の方々に利用してもらえて売上Upの
可能性も?!
あなたのお店で、もしくは商店街などで、免税販売を導入するには、何が必要なのでしょうか。


■免税店のタイプに2015年から「手続委託型」が登場

免税店には、「一般型」と2015年から導入された「手続委託型」があります。
①「一般型」は、商品を販売をする販売店自らがその場で免税手続きを行い、
②「手続委託型」は、商店街の一角や、デパートなどショッピングモール内に
免税手続きカウンターを設置し、免税販売手続を代理する事業者に委託する、
というものです。

外国人が多く訪れる地域のお土産物街などの一角に、複数のお店が協力して
手続きカウンターを設置すれば、1店舗で設置するよりも負担が低くなる可能性があり、また、旅行者にとっても、まとめて免税手続きできるといったメリットがありますので、観光地としての魅力向上にもつながるかもしれません。

事例として、こんな記事も出ています。
http://www.kanaloco.jp/article/80745
http://www.asahi.com/articles/ASH7367FYH73PLFA00F.html
他に免税店の種類には、クルーズ船等が寄港する港に
臨時に販売場を設置するタイプもありますが、
このコーナーでは割愛します。

type
※金額は、ひとり一日一店舗あたり

■免税の対象となる商品は、2区分

免税の対象となるものには、「一般物品」と「消耗品」の2区分がありますが、
それぞれに1日あたりの購入金額が定められています。
免税店が、商店街等に設置される「手続委託型」の場合には、
複数の店舗で購入したものを合算し、その合計額で判定することができるという利点があります。

単独店舗では需要が少なかったり、金額が下限に達しなかったりする場合でも、
複数店舗でのお買い物を合算できる、「手続委託型」であれば、観光客にとってもメリットがあり、対象となる幅が広がった印象があります。

kubun

 

次回は、「一般型」・「手続委託型」といった免税店の種類と、
免税対象となる商品について、もう少し詳しくみていきたいと思います。

免税店になるために具体的な手続きを知りたい方やお問い合わせはこちらからどうぞ
目次
その1 ~免税店にはどんな種類があるの?~
その2 ~免税品として販売できるものは家電製品から化粧品、民芸品まで様々~
その3 ~近隣店舗で一緒に免税販売を盛り上げよう!「手続委託型」の申請手続きはどうやってするの?~

バナー(葭原さん)

2016-03-22 | Posted in ■ 免税店を開こう!No Comments » 

 

■ 事務所は「こんな方と一緒に働きたい!」と思っている。~1年生の視点で思うこと~

image1

鎌倉・大船の海野税理士事務所よりスタッフの渡辺です。

3月に入り、大分暖かい日が増えてきましたね!
事務所は確定申告が終わり穏やかな空気が流れていますが、
きっとこの穏やかな時間もほんの一瞬。。。
事務所は次に向けて動きだす準備をしています。

さて、思い返せば去年の今頃は求職活動を始めた時期でした。
そこで、事務所では今後も仲間を増やそうと考えていますので
1年も経っていない立場の私ですが、少し振り返ってみて、
事務所は、こんな仲間を求めてる!と感じることを
今回のブログで少しお伝え出来ればと思います。

1、相手の立場になって考える。

一見当たり前で簡単に感じますが、いつ何時でもそうすることは
なかなか難しいものです。

つい先日のこと、提出した資料が大量の“付箋”と“?マーク”が付いて返却されてきました。

改めて読み返してみたら「確かに分かりにくい」と感じる
ことが盛りだくさんで猛反省しました。
日常の何気ない業務1つであっても、
その先に必ず相手がいることを意識しなければいけません。
そういう意識の高い方は周りのスタッフやお客様から信頼を得られ
必ず活躍できると思います。

2、自主的に動く。

最初は分からない事が多いのは当たり前。
自己判断で行動するより指示を仰ぐことの方が多いですが、
その中でも全て受け身にならず、
できる範囲で動く姿勢を持つことが大切だと感じます。

日々の業務の中で疑問点は盛りだくさん。
周りの先輩スタッフは知識もあり親切なので
質問すれば教えてくださいますが、
それでは相手の手を止め、仕事の妨げをしてしまうことになります。
また自身の成長にも繋がりません。

私自身今でも質問責めにしてしまうことが多いですが
質問するにもまず自分の中で考え、調べ、
それでもわからないことに絞らなければと思う日々です。
事務所では自ら動こうという姿勢が大切だと感じます。

3、感謝の気持ちをもつ(表す)

以前、海野より文面の言葉遣いで注意を受けたことがありました。
新卒の新入社員ならまだしも、この歳になって言葉づかいで注意されるとは
思ってもいなかったのでとても恥ずかしかったのですが、
それと同時に「注意して貰えるのはありがたいなぁ」とも。

恩恵を受けて「ありがとう」と言うことはよくありますが、
時に注意、指摘されることに対しても素直に受けとめ、
感謝できる方と私も一緒に働きたいなと思います。

どれも当たり前のことばかりですが、意外と難しいものです。
私自身上記3つとも未達成でまだまだ発展途上中。
一緒に切磋琢磨して成長出来る方が増えればとても嬉しいです。

ちょっと昔の話になりますが
確定申告シーズンまっただ中だった一ヶ月ほど、
我が家でも雛人形を飾っていました!
2歳半の娘は初めて「ひな祭り」という行事を認識しているようで
興味津々に眺めたり触ってみたりして愉しんでいました。

バナー(梨紗さん)

2016-03-15 | Posted in ■ 人のこと, ブログNo Comments » 

 

■  「相手に伝わる文章を書く」を意識するようになり、気付いたことと自分の中の変化

image

こんにちは、かまくらの学校アシスタントスタッフの八島です。

寒暖の差が激しい毎日ですが、近所の河津桜が満開でした!
春はもうすぐですね。

定期的にブログを書かせてもらっているのですが、
改めて感じていることは、文章を書くって本当に難しいですね>_<

今まで、あまり自分で考えて文章を書く機会がなかったのですが、
かま学に入り、文章を書く場面がぐんと増えました。
Facebookの更新だったり、ブログを書いたり、
講座の紹介文を書いたりetc

元々文章を書くのが苦手で、メールを1通打つのに、
いつの間にか30分経ってる…なんてことも。

同じことを言うにも、言い回し1つで、相手を不快にさせてしまったり、
言葉の使い方で、間違ったニュアンスで伝わってしまったり。

海野や先輩スタッフには忙しい中、書いた文の添削や、
言葉が浮かばない時は類語辞典を使うといいよ!と
アドバイスをいただきながら、
相手にきちんと伝わる文章を書くことを特訓中です。

今まで何気なく読んでいた記事やコラムが、
一度読むだけでスッと内容が理解できていたのも、
書き手の方が、相手にきちんと伝わるように
考えぬかれた文章だったのだな、と痛感。

文章を書くということを意識するようになってからは、
この人の文章なんだかいいな〜、この言葉の使い方素敵!と、
意識して読むようになったり、
使い方が曖昧なまま、なんとなく使っていた言葉は、
正しい使い方を調べてみたり・・・
ほんの少しですが、自分の中でそういった変化がありました。

こうしてインプットしたことは、どんどん自分でも実践してみて、
このブログを通じても、投稿を重ねるにつれて少しずつ
上達していけたらなと思っています^^

 

バナー(八島)

2016-03-08 | Posted in ブログNo Comments » 

 

■ 小さなことでも、続けることが大切。モーニングコーヒーと1日1改善。

IMG_0057

こんにちは、かまくらの学校アシスタントの八島です。
来週の今頃はもう3月・・・!年が明けてからあっという間にここまで来てしまいました。

1日1改善。
今すぐやらなくても良いけれど、1日1日コツコツ続けていくことで
1年後には劇的に良くなったり、成長したりすることを続けていこう!と
昨年、海野とした約束でした。

先日、海野と打合せした際に、
「やっしー、最近1日1改善やってないでしょ?」の一言にギクリ・・・。
やることが沢山あるということを理由にして、
ここ最近、ぱったりと約束した1日1改善を怠っていたのです。

そして、”なぜ出来なかったのか”を一緒に考えてくれ、
1つアドバイスをいただきました。

「毎朝、会社に着いたら(スタッフ)皆にコーヒーを入れてあげたら?
コーヒーを落としている間に、1日1改善を実践したらいいんじゃない?」

改善の作業自体はすぐ出来ることだから、と後回しにした結果、
結局できずに1日が終わってしまっていた…ということから
毎日欠かさずにできるように、といただいたアドバイスでした。

就活中にも沢山言われた”なぜ”を考えるのが大切という言葉。
私の苦手なことでもあります。
なぜ出来ないのか+出来るようにする方法を考える癖をつけていくことが
今年の目標の1つです!

モーニングコーヒーと1改善は、実践から約1ヶ月。
今日はどこを改善しよう?と意識していると、細かいけれど気になる点が沢山。
今年はは後回しをせずに、コーヒーを落している合間に、
1改善を習慣づけていきます。

コーヒーも、「昨日よりもおいしいコーヒーを淹れる」を目標にしています^^

写真は、事務所からの帰り道、たまたまナイスなタイミングで撮れた江ノ電。
かまくらの学校でもファンが多いレトロな車両。とってもラッキーでした♪

 

バナー(八島)

2016-02-23 | Posted in ブログNo Comments » 

 

1 2 3 4 5 6
TOPへ