ブログ

■ 変化のスピードは緩急つけて。すぐに取りかかること、長い時間をかけて変化を成すもの、この事務所には色々あります。

P_20160601_065022_HDR

鎌倉・大船の海野税理士事務所よりスタッフのよしはらです。
今年も5か月が、新学期や新年度がスタートしてからは2か月が経過しました。
当初立てた目標を着実にクリアし、変身を遂げている方、振り返れば「う~ん何も変わってないなぁ」という方、色々いらっしゃるかもしれません。
さて、この事務所ではどうでしょうか。少しご紹介します。

 

■まずはとにかくやってみるパターン

例えば、顧客サービス向上といった観点では、折にふれて改善点を出し、即時で業務のやり方を変え、トライ&エラー。
詳細は固まってないところもあるけれど、こちらの方がお客様にとってメリットが多そうだから、まずはやってみよう!といったパターンが多いです。
この変化に躊躇してしまうと、日々の業務で遅れを取りますので、とにかく動き始めた汽車に飛び乗る感じでしょうか。振り落とされないようにつかまりながら、とにかく自分自身も動くことが重要。

目の前の業務を事務的に処理しているだけでは、新しい発想や問題点は見つかりませんので、より良いものは何か?お客様のニーズは何か?来期に改善できそうなことは何か?といった視点を忘れないようにしています。

 

■年単位で変化、気づいたら次のステージにいることも

一方で、中長期的に達成していく事柄ももちろんあります。年初のミーティングで配布される書面に毎年、繰り越して記載されているような項目です。こうした事柄は、日常的な変化は小さくとも、その積み重ねがある時突然、大きな動きとして実感できることがあります。

■かま学が次のステージへ?!

そんな出来事の一つが、最近の「かまくらの学校.net」サイトのリリースでしょうか。
入社面接で「新規事業もお手伝いしてもらいます」と言われ、よく分からないままに「はい」と答えてからもうすぐ5年。経理事務をやりながら、市内の事業者さんにインタビューに行き、それを記事に書くという(畑違いの)貴重な経験させてもらった「かまくらの学校」業務。

一年前に専属のスタッフが入社してからというもの、加速度的に変化。この春には情報満載のサイトが完成!という変貌ぶり。新サイトリリースにあたっては、税務会計スタッフがお手伝いをしないうちに(確定申告の繁忙期で手伝えなかったとも言えますが)大作が出来上がっていてビックリ。
これが、時間をかけて大きな変化を達成するパターンなのかもしれないと考えさせられました。

 

■すぐに取り組むことも、じっくり時間をかけることも、それぞれに必要。

事務所の変化スピードは緩急様々。内容に応じて、それぞれに適度な速さがあるようです。
今後も、どんな時にどんな速度で取り組むのが適切なのかを、常に意識して、自分自身の役割を果たしていきたいと思います。

写真は、プロフィールにも書いた趣味のミシンです。
が、縫い合わせを間違えて、せっせと縫い目をほどいている1コマであります。

葭原さんバナー2(加工)

2016-06-03 | Posted in ブログNo Comments » 

 

■ 後輩だって負けていません!〜素直さが成長の鍵〜

IMG_2377

鎌倉の海野税理士事務所よりスタッフのみうらです。

いつもブログでは、先輩スタッフの凄さを取り上げていますが、実は後輩たちも凄いんです。
事務所には、私より年下で入所も後の後輩が2人います。
今回はそんな彼女たちにスポットを当ててみたいと思います。

彼女たちは社会人経験はあるものの、いま取り組んでいる仕事は全くの未経験。少しはこの業界の経験がある私ですら最初の1年はいっぱいいっぱいでした。なので、この1年はさぞかし苦労の連続だったと思います。
そんな中でも、海野からの様々な角度から飛んでくるオファーにも真摯に取り組み、メキメキと実力をつけてきています。以前はよく質問が飛んできたのですが、最近は少なくなり、その成長が嬉しくもあり、また寂しくもあります。(子が巣立っていく親の気持ちに似ていますね^^)

先日、こんなことがありました。
海野から新しい試みを始めるにあたって、全員に新しい仕事が割り当てられることになりました。
私はそれが苦手なこともあり、また抱えている仕事との兼ね合いを考えて、あまり前向きな気持ちで受け止めることができなかったのですが、なんと後輩たちは「素直に頑張る」とのことでした!

この素直さが彼女たちを伸ばしているのだな、とそのとき気がつきました。

もちろん知識面やテクニックでは、先輩スタッフが2歩も3歩も先を行っています。しかし、吸収しよう、伸びようとする姿勢は後輩スタッフも負けてはいません。
お互いに学べるこの環境がスタッフ個々の、また事務所の成長につながっているのではないかと思います。私も忘れかけていた素直さを取り戻したいと思います!

週末は、事務所近くのフラワーセンターへ。
風鈴草のぷっくりとした佇まいが可愛らしかったです^^

バナー(三浦さん)

2016-05-30 | Posted in ブログNo Comments » 

 

■ 消費税免税店を開こう!その3 ~近隣店舗で一緒に免税販売を盛り上げよう!「手続委託型」の申請手続きはどうやってするの?

免税店バナー2

目次
その1 ~免税店にはどんな種類があるの?~
その2 ~免税品として販売できるものは家電製品から化粧品、民芸品まで様々~
その3 ~近隣店舗で一緒に免税販売を盛り上げよう!「手続委託型」の申請手続きはどうやってするの?~

鎌倉の海野税理士事務所よりスタッフのよしはらです。
消費税免税店制度について、どうしたら免税店になれるか?をご紹介するコーナーその3です。
今回は、手続委託型の免税店になるにはどういった申請が必要かをみていきます。

 

■タイプは2種類 「一般型」と「手続委託型」

自身のお店で対象商品の販売を行い、そのお店が免税手続きをするのは「一般型」、
免税手続きを他の事業者さんに委託するのが「手続委託型」です。(復習はこちら
「手続委託型」は2015年に導入されたばかりの新タイプですが、複数のお店での購入金額を合算できることや、手続きをまとめて実施できる点など、外国人観光客にも販売店にもメリットが多いのが注目ポイントですね。
例えば、この「手続委託型」を、商店街で取り入れたい!と考えた時にはどういった申請が必要でしょうか。

 

■所轄の税務署長へ申請書を提出

「輸出物品販売場許可申請書」(一般型用委託型用があります)を記入して所轄の税務署長へ提出します。
その際に、添付する書類は8点ほどあります。ちょっと気が重いでしょうか?

 

■委託先との間で、スムーズな免税手続きが取れるようになっているか

8点というと、多いように思えますが、主なポイントは次のとおりです。
①外国人観光客の利用が見込める立地であり、
②免税手続きを委託先と連携してスムーズに実施できるような体制が取られていて、
③商店街であることがわかるということ、です。

①は、これから免税店になろう!というお店なので、通常あてはまるでしょう。
②は手続委託型の場合、他の事業者に免税の処理を委託するわけですから、その業者との間で対象の商品が一般物品なのか消耗品なのか、区別がつくようにレシートの表記を明確にするといったことが求められています。(商品の区分によって、免税手続きできる金額が違うからですね
また、業務を代理してもらうことについて、お互いに契約を交わし、その契約書も添付します。
③は、商店街振興組合の定款や組合員名簿を添付することで、証明します。

その他免税販売を行う商品のカタログ・リストや会社案内(HP資料でもOK)、売場の見取り図なども提出しますので、諸々で8点ほどになるわけです。

 

■どこに委託すればいいの?

それでは、手続委託型を選択した場合、実際にはどこに手続を委託すればよいのでしょうか?
①すでに免税販売手続きを行っている百貨店やスーパーに委託する
②商店街の中で、外国人対応が得意なお店やコンビニ、人が集まる施設に免税手続きカウンターを設置するといった方法があります。

②の場合は、まず一般型として承認を得たお店が、「免税手続事業者」(手続を受託する業者)としての承認を取ることで、兼務することもできます。

委託

(参考:国土交通省ホームページ)

■隣接や近接する商店街で、一つの区域として認められる場合も

自分の商店街だけでは、そこまで外国人観光客はいないなぁという場合でも、諦めずに!
隣接や近接する商店街で一緒に手続委託型を導入できる可能性があります。
承認許可申請の際に、各商店街が連携して行ったイベントがある場合はその事業報告書やイベントチラシを提出する、または、そういったイベントの実績がない場合でも、連携して免税店を導入するメリットを記載した書面を出すことで、一つの区域として申請を行うことができます。

 

■免税事業者ならば、あえて消費税の課税事業者になることもできる。けれど…

ちなみに、大前提として消費税の免税店になるためには、消費税の課税事業者(消費税を納める事業者)である必要があります。
もし、開業後間もなくて免税事業者(消費税を納める義務がない事業者)なんだけど、、、といった場合には、『消費税課税事業者選択届出』を出すことで課税事業者になることはできます。
ただ、一度選択したら、翌年にやっぱりやーめた!とはいかないなど、取りやめについても規定がありますので、メリット・デメリットを踏まえた、慎重な判断が必要です。

自分の商店街で導入できそうだな、もっと詳しく知りたいな、という方はお気軽にお問い合わせください。

目次
その1 ~免税店にはどんな種類があるの?~
その2 ~免税品として販売できるものは家電製品から化粧品、民芸品まで様々~
その3 ~近隣店舗で一緒に免税販売を盛り上げよう!「手続委託型」の申請手続きはどうやってするの?~

葭原さんバナー2(加工)

2016-05-24 | Posted in ■ 免税店を開こう!No Comments » 

 

■ 再会!!違う立場となり読む「バンクビジネス」

securedownload

鎌倉、大船、湘南エリアの海野税理士事務所スタッフの渡辺です。

5月に入り、暖かい日というよりも暑いと感じる日が増えてきましたね!
夏はもうすぐそこです。

さて、唐突ですが皆さまは「バンクビジネス」という雑誌をご存知ですか?
私がかつて新卒で入社した銀行では毎月同誌を購読していました。
バンクビジネス」とは、近代セールス社様の発行する
金融機関の営業店で働く方を対象にした「銀行実務」の専門誌です。
マンガ・イラストが比較的多い誌面なので、難しい金融実務を
読みやすく・やさしく紹介しています。

若手行員には絶好の雑誌!…なのですが、実際勤めていた頃は営業時間中は
接客、事務作業に、閉店後も残務整理に追われ、
回覧されてもじっくり読むという機会は殆どありませんでした。

それが銀行を退職して2年後、思いがけない形で再会。
海野が「バンクビジネス」のコーナーを担当していたのです。
弊所入所後すぐに「銀行で働いていたんだったら丁度いいじゃん!担当ね!」
という海野の一言で、以後近代セールス社の担当者様とのやり取りの
アシスタントをさせて頂いています。

“どのような構成にするか”、“どのようにすれば読者に分かりやすく伝わるか”
などの海野と担当者様との話し合いを近くで聞くことは、
誌面の裏側が少し覗ける感じがして、貴重な体験です。

違う立場となり改めて読む「バンクビジネス」は、海野の記事はもちろん
それ以外の記事も「分かりやすいなぁ~あの頃もっとちゃんと読んでいればなぁ~」
などと感じることが満載でした。
お客様(=私たちの多く)が疑問に思う項目にどのように対応するか(=解決出来るのか)
ということが具体例やイラストなどで非常に分かりやすく書かれてるからです。
銀行実務といっても、私たちの身近で起こりうる実例がたくさん載っています。(例えば、マイナンバー制度、相続、贈与、年金…等のよくある疑問点など)

なかなか時間は取れないと思いますが、金融機関にお勤めの方はもちろん、
それ以外の方にとっても読みやすくオススメの一冊です。

今年度の海野の担当は「基礎から身につく税務の教室」というコーナー。
難しく感じる税務の項目を噛み砕いて具体的に図などを用いて分かりやすく解説しています。

ほぼ毎月の連載。私自身、原稿のやり取りの傍で
愛読者の1人として毎月楽しみに勉強しています。(今更…ですが!笑)

当サイト税理士事務所HP上でも誌面掲載がありましたらお知らせをしていきますので、
是非チェックしてください。

ゴールデンウィークで軽井沢に行ってきました。
写真は旧軽井沢の珈琲店にて。ほんのひとときですがマダム気分に浸れた
美味しく優雅なティータイムでした。

梨紗さんバナー2(加工)

2016-05-16 | Posted in ブログNo Comments » 

 

■ ふるさと納税でもできる!熊本地震支援

芝桜
鎌倉、大船、湘南エリアの海野税理士事務所スタッフの渡辺です。
このたび熊本地震で被災された方々に対して心からお見舞い申し上げますとともに、
被災地の一日も早い復旧をお祈り申し上げます。

被災地から離れたところにいる私たちに出来ることはごく僅かで限られていますが、
身近に行動をおこせることの1つとして募金等の“寄附”を考えている方も
多いのではないでしょうか。
“寄附”にも多くの方法があり、例えば街頭でよく見かける募金箱への募金であったり、
指定された義援金口座への振込であったり、電話を掛けることで完了するものであったり・・
その形は様々です。

「税」の観点からもできる支援はあります。
近年メディアなどでも多く取り上げられている「ふるさと納税」においても
災害寄附を募っている自治体があることをご存知でしょうか?

「ふるさと納税」とは“納税”という言葉がついていますが
実際には、都道府県、市町村への寄附です。(当事務所の所在する鎌倉市はこちら
一般的に自治体に寄附をした場合には、確定申告を行うことで、
その寄附金額の一部が所得税及び住民税から控除されます。※

「ふるさと納税」の特徴は自分の意思で応援したい自治体や使途を選べることです。
この特徴を活用し、地震以後、災害支援を呼びかける動きが広がっているのです。

また新たな形として高知県室戸市、千葉県南房総市、東京都狛江市など
被災地以外の多くの自治体でも代理受付を行っています。
被災地ではない自治体が(ふるさと納税を)受けることによって、
被災地は事務負担が減り、災害の支援に集中できる というメリットがあります。
お礼の品で選ぶのも楽しみの1つではありますが、この様な時こそ
「ふるさと納税」の本来の理念に立ち返ってみてはいかがでしょうか。

当事務所では「ふるさと納税手当」というものがありスタッフ各々に支給されます。
実際に自分で納税手続をし、お客様にも提案できるよう流れや利点を理解する!
という目的の下にあります。
つい先日支給された同手当。私は早速福井県代理受付の熊本県災害寄附
活用させていただきました。

「支援」とは色々な形があり、できることも十人十色それぞれ違います。
今回のブログでは“寄附”という点にスポットを当てたに過ぎませんが、
現状で自分にできることは何だろうと考え、行動に移すことが大切だと思います。

写真は昨年の同時期に行った山梨県の「富士芝桜まつり」で撮影したものです。
広大な芝桜の風景を見たのはこの時が初めてだったのでとても感動しました。
辛い出来事もありますが、心が晴れる風景に一人でも多くの方が
出会えればなと思います。

※平成27年4月1日から、確定申告の不要な給与所得者等は、
ふるさと納税先の自治体数が5団体以内である場合に限り、
ふるさと納税を行った各自治体に申請することで確定申告が不要になる
「ふるさと納税ワンストップ特例制度」が始まっています。

梨紗さんバナー2(加工)

2016-05-12 | Posted in ブログNo Comments » 

 

■ 鎌倉は歩くのが楽しい!スマホを見ながら散策を楽しめるマップを作成中

DSC00561

こんにちは、かまくらの学校アシスタントスタッフの八島です。

GWは、みなさまどのように過ごされましたか?
今年も、鎌倉は江ノ電への入場規制がかかってしまう程の混雑だったようです!(驚)

さて、先日のブログでもちらっとお話をした、かまくらの学校の新HP
いよいよ作業も大詰めに入ってまいりました!

HPのコンテンツの1つに、「かま学がオススメする鎌倉の散策ルート」を紹介するページが。

ここを歩いてほしい!というルートを考える所まではすんなりと思いついたのですが、
どう見せていくかという構成のところで思考回路が停止

そんなタイミングで、海野がたまたま外出先で見つけたという
カキモリ」さんが発行している下町散策マップを見せてくれました。

手書きのシンプルなイラストがとても見やすく、マメ情報が満載で、
実際に街を散策してみたくなるような、とてもワクワクする地図でした。

この地図は何がワクワクさせるんだろう~?そんなことを考えながら、
地図とニラメッコしていると見えてきたことが・・・

・実際に足でかせいだ、歩いた人にしか分からない情報が満載
・観光客目線で、散策する時に欲しくなるような情報がのっている
(レンタサイクルやコンビニ情報、目印になるお店など)

ここからヒントをもらい、かま学オリジナル散策ルートマップの基本の構成ができあがりました!

・地図を見なくても、歩けるように
・観光地情報だけでなく、鎌倉の何気ない風景を紹介
・お手洗、休憩スポット、コンビニがどこにあるか分かるように

この3つを念頭におき、他のスタッフにもどんな情報があったらよいか
意見を聞きながら、ルートマップを作っています。

そんなこんなでGW明けの職員室は、新HPの最終チェック作業で慌ただしい毎日。

どんなルートマップができたのか、もうすぐご覧いただけますので、
あと少し、お待ちくださいね^^

写真は、おとなりの逗子にある大崎公園からの風景。
人も少なく、絶景を独り占めできました^^

八島バナー3(加工)

2016-05-11 | Posted in ブログNo Comments » 

 

■印紙税のはなし その2 ~請負契約書と基本契約書~

印紙税(加工6)

目次
その1 ~貼り忘れたら3倍のペナルティ~

その2 ~請負契約書と基本契約書~

鎌倉の海野裕貴税理士事務所よりスタッフの武藤です。

前回のブログから印紙税をテーマにしています。
私たちのような税理士事務所よりも
経営者や経理の実務をされている方々のほうが接する機会が多いかもしれません。

例えばお客様から「ソフトウエアの保守契約には
いくらの印紙をはればいいの?」とご相談いただき、
調べてみると、まあなんと奥深い!(今さらですが。。。)
ここで「そうそう」と相槌をうってくださった方は
一度は印紙税に頭を抱えたに違いありません!!
今回のブログでは実に悩ましい、請負契約書と基本契約書についてご紹介します。

■請負契約書と基本契約書
まず、印紙税法では課税の対象となる契約文書(=課税文書といいます)が
何号文書に該当するかを判定をし、印紙の金額をきめるのですが、
実務ではそんなに単純ではありませんよね。
契約によっては複数の課税文書に該当してしまうことが多々あります。

ソフトウエアの保守という仕事を請け負ったのですから、
請負契約書なので、第2号文書に分類されます。
じつはここでは終われません。
ソフトウエアの保守という取引を継続的に行う内容なので、
継続的な取引の基本契約書でもあり、第7号文書にも分類されます。

契約書が第2号文書に該当すれば、
文書に書かれた契約金額により印紙税の金額が決まってきます。
一番安くて印紙税は200円です。
契約書が第7号文書に該当すれば、
有無を言わさず印紙税は4,000円、納税金額が大きく違ってきます。

■ポイントは「契約金額」
文書の所属の判定をした結果、複数の文書に該当するとなった場合
印紙税法では具体的なルールを定めて最終的にどの文書に該当するか決められています。

第2号文書にも第7号文書にも該当する場合のポイントとなるのが「契約金額」が
書いてあるかどうかです。
ただその「契約金額」が難しい。

例えば、「ソフトウエアの保守契約は月額2万円」とあれば、
契約金額が記載されているように思いますがそうではありません。

契約金額とは「その契約した期間でいくらの金額か」が明確でなければなりませんので、
この記載の場合は第7号文書に該当し、印紙税は4,000円となります。

「ソフトウエアの保守契約は月額2万円で契約の日から1年間」と
契約の期間を記載することで、契約金額が合計24万円と明らかになり
第2号文書に該当することになります。
印紙税は記載金額が100万円以下なので200円ですみます。

ちょっとした記載の違いで税額が3,800円もかわってしまう。
調べてみると、印紙税は身近な割に奥深く難しい税金だなぁと痛感しますね。

目次
その1 ~貼り忘れたら3倍のペナルティ~

その2 ~請負契約書と基本契約書~

 

武藤さん(加工)

2016-05-08 | Posted in ■ 印紙税のはなしNo Comments » 

 

■ 私たちはチーム〜みんなでやり遂げる〜

DSC01243

鎌倉の海野税理士事務所よりスタッフのみうらです。

繁忙期が終わり少しホッとしているいるこの時期、1年を振り返ってのレビューを海野からもらいます。
「個人面談をするから」と言われると、いつもドキリ。分かってはいても、緊張してしまいます。
そんな私を温かく迎えてくれる海野。A4の用紙1枚にまとめられた端的にかつ的を得たレビューをいただき、忙しい中でも本当によく見てくれているなと感じます。
良いところもこれから期待するところも、自分が意識していなかったことまで評価してもらい、私以上に私を知っているのでは?と毎回驚かされます。

面談を終え、この1年特に気をつけていこう!と心に決めたのはこちら。

指示から1週間手がつかない業務があったら相談

実は、前期レビューからいただいていたもので、クリアできなかったものです。
予定している仕事があっても、急ぎの仕事が入ることもしばしば。予定が押して、ひとりで焦ることもありました。しかし、ほかのスタッフも多くの仕事を抱えているのに手伝ってもらうのは申し訳ない、、、とのためらいもあり「自分でやらなければ」と思い込んでいました。

せっかくいただいた仕事なので自分でやり遂げたい気持ちはあるのですが、結局間に合わなければご迷惑をおかけするのはお客様になります。
しかし、海野の

「僕たちはチームなんだから」

という言葉にハッとしました。
そうだ!私たちはチーム。
時間がタイトなときこそこまめに相談して、みんなで協力して進めていく。
前にも言われていたことなのに、忘れてしまっていました。

「大切なのは何か」
見失わずにこの1年を過ごしたいと思います。

お客様からいただいたりんごで娘とアップルパイを作ってみました。
雨の降るお休みの日は、ゆっくり子供と向き合う良い時間です^^

三浦さん(加工2)

2016-05-02 | Posted in ブログNo Comments » 

 

▪️若手から中堅へ。新人気分を卒業し、働き方のレベルアップを意識する年に。

image1
こんにちは、かまくらの学校アシスタントスタッフの八島です。

桜は散ってしまいましたが、街のあちこちで花が咲き、
思わずシャッターを切ってしまう毎日です^^

先週、事務所では個人面談がありました。
1年間の振り返りと評価、これから期待されることをフィードバックされます。

私は入社してから初めての個人面談!
ドキドキしながらノックし、
30分ほどじっくりと面談いただきました。
(ちなみにこの面談、昔は和室で正座で行っていたそうですよ!笑)

評価については、こんな所を評価してもらえているのか、
と素直に嬉しく、励みになりました。
やはり褒めてもらえるのは、何歳になっても嬉しいものですね(*^^*)笑

そして、大事なのはこれから、期待されること。
今年の自分の課題にもなる部分です。
その中の1つに、「目的意識を持ち、全体を見渡して仕事に取り組むこと」が。

まずはやってみよー!と、その時その時の勢いでガーッと取り組み、
逆算ができずに直前でバタバタとしてしまうことが多かったこれまでの私。

がむしゃらに取組む若手のやり方はそろそろ卒業し、
これからは少しレベルアップして、全体を見渡してから、
やるべき事を考える中堅の働き方を目指して意識していこうということ。

事務所に入社してからはまだ1年ですが、
社会人としてはそろそろ中堅に差し掛かる年齢でもあります。
これまでも散々言われてきた「仕事のやり方を見直す」の意味が
ようやくスッと自分の中で理解できたような気がします。

他にも課題は沢山あるのですが、毎日意識できるよう、
コピーをとって手帳の中に忍ばせました。
先輩スタッフのように、毎朝仕事をする前に見返して
1日1日を過ごしていこうと思います!

 

八島バナー3(加工)

2016-04-18 | Posted in ブログNo Comments » 

 

■ 印紙税のはなし その1 ~貼り忘れたら3倍のペナルティ~

 

印紙税(加工6)

鎌倉の海野税理士事務所よりスタッフ武藤です。
たくさんある税金の中でも事業をしている方にとっては
印紙税はとても身近な、あるいは実は身近に感じていないといけない
税金の一つですよね。でもよくわからないという方、多いのではないでしょうか。
「税務調査が来る!印紙は貼ってある!?どうしたらいい??」
と慌てないためにも、印紙税について少し調べてみました。

■印紙の貼り忘れ、ペナルティは最大3倍!
税務調査をうけて、契約書、領収書など印紙を貼らなくてはならない文書に
もし税務調査で貼り忘れを指摘されたら
どのくらいのペナルティ(過怠税といいます)が課されるかご存知でしょうか?

過怠税のパターンは2つ。
パターン1:貼り忘れていたら、貼り忘れた金額の3倍。
パターン2:貼る金額が少なかったら、少なかった金額の3倍。
とにかく3倍です。

パターン1の場合、具体的に言うと、例えば売上金額が5,000万円の請負契約書には
2万円の印紙が必要です。
この契約書に印紙をはり忘れていたら、過怠税は2万円×3倍=6万円です。
過怠税は罰則金ですから、会社や個人の経費にはできません。
お気づきでしょうか。最初から印紙を貼っておけば、2万円は経費にできたのに
印紙を貼り忘れて、3倍の6万円を払うのに、その6万円は全く経費にはなりません。

じゃあ、もう少し身近な金額で・・・。
受取金額5万円の領収書に200円の印紙を貼り忘れていて
税務調査で貼り忘れを指摘されたら、200円×3倍=600円の過怠税かというと、
実はそうではありません。
過怠税の計算の結果が1,000円未満だったら、過怠税は1,000円となるんです。
過怠税は最低1,000円払わなくてはなりません。

印紙を貼っただけでホッとしてしまってはいけません。
「消印」をしていないことでも罰金が課せられます。
「消印」とは「印紙がもう使えないよ」という印をつけることです。
この消印がなくても、貼ってある印紙と同額の過怠税がかかります。

■間違えて貼っても大丈夫。返金してもらえます!
貼り忘れたら大変!と印紙を貼ったけど、「印紙を貼る必要がなかった・・・」
なんてこともありませんか?

印紙の金額を間違えて多く貼ってしまったり、
貼る必要がない文書に印紙を貼ってしまったり、契約書をつくって印紙を貼ったけれど
不備があって契約書を作り直したりする場合など、
もし間違ってしまっても、ちゃんと手続きをとれば、
誤って納付してしまった税金(印紙代)を返金(還付といいます)してもらえます。

消印をしていても、大丈夫。間違った印紙を貼った文書と一緒に
「印紙税過誤納確認申請書」(国税庁HP)を税務署に提出すると、
確認ののち銀行振込か郵便局を通じて還付してもらえます。

ただし、間違った印紙をはがしたりしてはいけません。「文書に貼ったまま」が重要です。
この手続きができるのは印紙を貼ってから5年以内と期限がありますのでご注意を。

 

バナー(武藤さん)

2016-04-11 | Posted in ■ 印紙税のはなしNo Comments » 

 

■ 入社してもうすぐ1年、スタッフ間でのコミュニケーションを大切にするちょっとした習慣

DSC09079

こんにちは、かまくらの学校アシスタントスタッフの八島です。
各地で桜が満開となり、新年度もスタートしましたね。

さて、私も入社して来月で1年が経とうとしています。
1年間過ごしてみて、こんな慣習面白くて好きだな~!この事務所ならではなのでは?と
感じている、日々のちょっとした習慣をお伝えします^^

 

月初ミーティング

月初めに、スタッフ全員が顔をそろえ、1ヶ月のやることや各自の仕事の状況や
お客様の情報の共有をする場。そして、この場でこれからやることなどの指示がドドーンとあることも。
大量のTO DOが、「これは〇〇、これは××ちゃんやって」とみるみる割り振られ、
先輩スタッフたちがその場で仕事のスケジュールを組み立てていく様子に、
「阿吽の呼吸とはこのことだ・・・!」と最初は目が点に(笑)
私にとっては、先輩スタッフの指示の聞き方や仰ぎ方を勉強させてもらう場でもあるのです。

 

月に1度の席替え

事務所では、毎月1回、くじ引きで席替えを行います。
くじ引きで席替えなんて、小学生の頃を思い出しませんか?(笑)
色々なスタッフと話せるように、気分転換をできるようにというのが理由。

事務所内は、全部で3部屋(2名ずつ配置されます)。
目の前が壁のため、気が散らずに没頭できる集中部屋。
リビングで、来客などその日の状況によって席が移り変わるノマド部屋。
畳のある落ち着いた雰囲気の、リラックス部屋。

今月はどこの席になるのかな~と、毎月楽しみな瞬間でもあります^^

 

ランチをみんなで食べる

不定期ですが、比較的業務が落ち着いている時期に、
スタッフ全員でテーブルを囲み、ランチを食べる日があります!
ママさんスタッフが多いということもあり、スタッフは基本手作り弁当。
日頃は自分のデスクでササーッと済ませてしまうのですが、
たまのこういう時間は、スタッフ間のコミュニケーションもうまれ、とても楽しい時間です^^

 

午後のティータイム

お客様から素敵な差入れをいただいたとき、
長期休み明けでスタッフがお土産を持ってきたときなど、
美味しいものをいただく時はみんなでコーヒーや紅茶を飲みながら
ちょっとした午後のひと時を過ごします!
普段なかなか話せないプライベートなお話をしたり、スタッフの旅のお土産話を聞いたりetc

 

全てに共通していることは、スタッフ同士のコミュニケーションを図れるための工夫ということ。
こういった習慣のおかげで、同期入社がおらず初めは少し心細かった新しい環境にも、
すんなりと慣れることができたな~と感じています。

バタバタと毎日が過ぎてしまう中でも、こういったスタッフ同士のコミュニケーションの時間を
大切にする、遊び心(?)のある習慣がとても素敵で、ここでのさりげない雑談が
かま学の業務のヒントになったりもしているんですよ♪

通勤中、町中の桜を見上げながら出社すると、事務所にも桜の花が・・・!
こちらももうじき満開になりそうです^^

 

八島バナー3(加工)

2016-04-07 | Posted in ブログNo Comments » 

 

■ ふるさと納税 実は簡単!今年こそやってみる? ~鎌倉市のお礼の品も充実~

DSC01235

鎌倉の海野税理士事務所よりスタッフのみうらです。
インドア派な我が家ですが、久しぶりのお出かけで寒空の中、金沢動物園に行ってきました。
おかげで吾妻山で見逃した菜の花が見られ、ちょっと得した気分になりました。

さて、事務所では、「ふるさと納税手当」というちょっと変わったお手当がいただけます。
こちらは、「ふるさと納税」とはどんなものかを体験するためのものなので、毎年違う自治体に寄附させてもらっており、「今年はどこにしようか」と悩むのもまた楽しみとなっています。
今年で私が体験させていただくのは3年目なのですが、平成27年分からはグッと使い勝手が良くなった印象を受けました。

【使い勝手が良くなった理由】

(手続き面:手間が減り簡単になりました)
5自治体(都道府県・市区町村)以内なら、確定申告不要
(ただし、①確定申告不要な給与所得者等であること、②納税先自治体に申請書を送ることが必要)
 通常、サラリーマンの方なら申請書を送るだけ!

(税負担面:税負担の減額枠が広がりました)
・住民税の特例控除額が1割から2割に引き上げになったことで、控除額の上限が約2倍に
 つまり、これまでよりも多く寄附できる!

より私たちにとって寄附しやすい体制が整ったため、各自治体もお礼の品を今まで以上に充実させたり、支払いもクレジットカード決済ができるようになっていたりと力を入れているのを感じました。
そこで、私もいただいたお手当以上に寄附し、しっかり特産品をいただきました。

寄附先を決める際、私が利用させてもらっているのは、ふるさとチョイスというHPです。
こちらからは、お礼の品はもちろんのこと、各自治体の年ごとの寄附の件数や金額も確認できるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ちなみに、事務所がある鎌倉市のお礼の品には、鎌倉に行ったら「寄ってみたい」お店、「やってみたい」こと、がギュッと集まっています!
家に居ながら鎌倉を楽しめるようにもなっていますが、これをキッカケに鎌倉に出かける機会になればうれしいです。
実は、ふるさと納税のお礼として、かまくらの学校の講座を体験できるパスポートが出ています。
これから対象講座がどんどん出てきますので、ご興味のある方は覗いてみてくださいね。

ふるさと納税は自分で「寄附先」と「使う目的」が選べます。
また調べていくうちに、その自治体に興味を持ったり、特産品を知る機会にもなります。
日本に住んでいても知らないことがたくさんあることに恥ずかしくなりますが、同時に知る楽しさも感じています。
みなさんにもふるさと納税を通じて、もっと日本を知っていただけたらと思います。

ふるさと納税、ぜひ体験してみてください。
1度やってみると、もう1件やってみようかな、と思う簡単さです。

 

バナー(三浦さん)

 

2016-04-07 | Posted in ブログNo Comments » 

 

1 2 3 4 5 6
TOPへ