ブログ

■ スタッフ募集中!~その6 社風はベンチャー、風通しのよい組織で活躍したい方待ってます~

p_20161005_072328

鎌倉の海野税理士事務所よりスタッフのよしはらです。
食欲の秋到来。気温も下がりオーブンが使いやすくなったので、粉もの好きとしてはいい季節?!
朝ごはん用に、きなこスコーンを焼きました。
さて、海野事務所は、現在、設立9年目の個人事務所。
私自身は入社して6年目ですが、今回は、組織としての事務所の姿をお伝えします。

■仕事内容はサービス業、脱・先生稼業の税理士事務所

私は、親族が別士業の事務所に勤めていることもあって、当然「海野先生」と呼ぶのが相場だと思っていましたが、入社早々、「先生って呼ぶのは、無しね~」と言われ、拍子抜けした記憶があります。
これに象徴されるように、お客様に対し知識を提供できるサービス業、ということに非常に重きを置いています。専門家として、上に立つのではなく、お客様にとって伴走者であるような関係を大切にしていると感じます。

このため、税務会計業界が未経験であっても、接客業の経験がある人や相手の意向を汲む力のあるスタッフは担当を持たせてもらえたり、任せてもらえる業務がどんどん広がって、結果、税務会計の知識も身についていく、というようなケースが多いように思えます。

■あくまでベンチャー事務所、無いものはこれから作っていける

制度や設備などは、個人事務所なり…なので、何もかも万全ですとは言い難いですが、声をあげれば必要なものは取り入れてもらえたり、状況に応じてゼロからつくっていったりすることができる環境です。
与えられたものを、受け止めるだけでいいわ~、という方には少々億劫かも知れませんが、こうなったらもっとお客様のためになるのに、事務所がよくなるのに、といった発想が持てる方、自身の所属する組織に積極的に関わっていきたい意欲のある方には、面白い職場だと思います。

海野も折に触れて「みんなは、どう思ってる?」といったことを聞くので、自分自身が感じている率直な意見が言える、比較的風通しのよい組織だと感じています。
もちろん、経営サイドと従業員側では食い違うこともありますが、それが人事考課に響くこともない…と思っています(笑)

■経験者も未経験者も、要はやる気次第

そんなわけで、サービス業を標榜する海野事務所は新規のお引き合いを含め、猛烈に多忙な日々を送っています。
経験者も未経験者も、やる気があれば活躍できる場は揃っています!
こんな職場に興味を持っていただけたら、ぜひご応募くださいね、お待ちしています。

葭原さんバナー2(加工)

 

その5へ◀スタッフ募集中ブログ▶その7

 

 

■ スタッフ募集中!その5〜大事にしていること 経験は問いません!〜

img_9177

鎌倉の海野博貴税理士事務所スタッフのむとうです。
暑さも落ち着いてようやく我が家のキャンプシーズン到来!
今回は子供たちが自分でつくったフラッグを持参しました。

さて、事務所はいま一緒に働いてくださる方を募集中です。
詳しくはこちらをどうぞ
事務所はどんな方にご応募いただきたいか、わたしなりの視点からご紹介いたします。

 

■お客様にサービスをお届けする仕事です〜

税理士事務所って「難しい税金の計算をする仕事、
帳簿をつけて税務申告して確定申告が忙しい」
といったイメージを持たれているのではないでしょうか。
「申告書を作るのはどの事務所でもできること、
税理士事務所の仕事はどこに頼んでもさほど違いは無い」
そんなことはありません!
税理士事務所のHPでは「税理士業は先生稼業ではなく、
お客様それぞれにオーダーメイドのサービスを提供することを目指す」と言っていて
これを見たときにカミナリに打たれたような衝撃を受けたことを覚えています。

お客様が望んでいるサービスは何か、どんなことでお困りなのか
帳簿をつけるときでさえ、常にお客様の立場に立った視点を大事にしています。
メールを書くのも、電話をするのもお客様によって最善のアプローチ方法を考えたり
仕訳をきる時間よりも時間をかけていることのように思います。
税理士ってサービス業だなあと感じる瞬間です。
サービス業が好きな方ならとても合っている職業だと思いますよ。

 

■経験か?やる気か?

税理士事務所の仕事は会計・税務に関する専門事務なので
会計事務所や財務・経理での経験があれば、
比較的スムーズに仕事に慣れることができると思いますが、
私以外の税務スタッフはなんとみな会計事務所未経験者です。
「採用した結果がたまたまそうだった」のかもしれませんが(笑)
会計事務所の経験を最優先してない、
面接で向上心や勉強意欲がヒシヒシと感じられる「やる気」を
重視した現れなのではないかと思います。
経験は時間をかけて積んでいくしかない、
つまり「やる気」があれば時間をかけて自分で積み上げていけるもの。
会計事務所が未経験な方でも、臆せずご応募いただけます!

 

以上個人的な視点から書かせて頂きました。
いかがでしょうか。
少しでも事務所に興味を持たれた方、ぜひご応募お待ちしています!

 

バナー(武藤さん)

 

その4へ◀スタッフ募集中ブログ▶その6

 

 

■ スタッフ募集中!その4~必要なのは専門知識だけではありません!~

securedownload1

鎌倉・大船・湘南エリアの海野税理士事務所スタッフの渡辺です。

他のスタッフの最近のブログにも書かれていますが、
現在当事務所では一緒に働きたいスタッフを大募集しています。

私自身のことをお伝えすると、入所したのは1年半程前、
税理士事務所勤務経験はなく1からのスタートでした。

入所前は会計帳簿の入力くらいしか仕事内容として
イメージできるものはありませんでしたが、
実際にはそれ以外に給与計算、損益の予測、納税スケジュールの把握、
それらに伴う表作成等々あらゆる内容の業務を日々行っています。

また法人は決算、個人は確定申告と1年に1回お客様の成果をまとめる
大きな作業にも携わります。
そして私はまだ未経験分野ですが、当事務所は相続分野にも力を入れているので、
その類の仕事も多々あります。

経験のない方がそれだけを聞くときっと身構えてしまうかも知れません。
ですが、それは新しい挑戦の場がたくさん用意されていると
置き換えることができますよね。
普段の生活の中ではその様な機会はなかなかないと思います!

『相手の立場になる』これは海野がいつも口にするフレーズです。
どんな些細な仕事でもその根本は『相手の立場になる』ということ。
そうなって初めて良いサービスが提供出来、お客様との良い信頼関係が生まれます。

またこれもよく海野が口にする言葉なのですが、
『“Give&Take” とある様に何事も“Give(与える)”が先。
Giveして初めて“Take(返ってくる)”となる事を忘れない様に』ということ。
何をするにも、先ず「どのようにしたら相手を満足させられるか」と
考えられる方なら当事務所では必ず活躍出来ると思います!

未経験でも知識は後から付いてきます。
私自身まだまだ半人前。その分、知識以外のところでは劣らない様
意識して取り組んでいます。

挑戦したいという意欲のある方、相手を思いやれる気持ちのある方、
是非ご応募お待ちしています!!

7月にオープンした『ZAIMOKU THE TERRACE』へ行ってきました。
どのお店もオシャレで、かつ目の前が海岸なのでロケーションも最高でした。

梨紗さんバナー2(加工)

 

その3へ◀スタッフ募集中ブログ▶その5

 

 

■ わかりやすさを大事に〜現状分析から未来の予測へ〜

FullSizeRender

鎌倉の海野博貴税理士事務所スタッフのむとうです。

夏休みを頂いて田舎でのんびりさせていただきました。
今年は雨が少ないようで、お米の生育が早く
例年より1週間ほど早い収穫になるようです。

お休みでリフレッシュして充電満タン、
お客様への提案資料の作成にとりかかりました。

■まずは現状分析〜お金の流れをつかむ〜

こちらのお客様は記帳代行も承っており
別のスタッフわたなべが帳簿入力をしてくれています。
一人で帳簿入力から提案資料の作成まで担当したこともありますが
規模の大きいお客様は帳簿入力に相当の時間とエネルギーを使い果たしてしまい
その先の経営分析まで辿りつけないというもどかしさがありました。
この点、わたなべが頑張ってくれていて正直とても助かっています。

わたしはできた帳簿データから預金残高をグラフ化し、加えてお金の出入りの分析をします。
今月どんな入金があり、どんな支出があって、
結果お金が増えたのか減ったのか。
なんとなく口座にお金があるから儲かっているのかなー
お金が減ったから儲かっていないのかなー
このなんとなくを無くして、お客様に数字で実感して頂くための資料です。

 

■損益計算書もみやすく〜お店ごとに損益をご報告〜

こちらのお客様は複数店舗を展開していらっしゃるので
お店ごとの損益状況を把握したいというご要望があります。
会計ソフトでもお店ごとの損益計算書は出力できるのですが、
見慣れない方にとっては数字の羅列でしかないかも。紙の枚数も相当です。
そこでパッとみてわかるように1枚にまとめてご覧いただけるような表を作ります。
売上、原価、人件費 お店ごとにひと目でわかることで、
お客様の「数字が苦手〜」という意識も無くしたいと思っています。

損益状況を把握し、お金の流れを分析したところで海野を含めてミーティング。
黒字か赤字かだけでなく、お金の増減の理由が理解でき
これはきっとお客様にわかりやすいご説明ができるに違いないと嬉しくなってしまいました。

 

■現状分析から未来の計画へ〜予想損益もしっかりたてることが目標〜

ここまでは実績から読み取れる現状報告の資料です。
この先の経営計画をお聞きして、予想損益&予想資金繰りをたてることで
本当にお客様の事業のお手伝いができると思っています。
そこで、今回は新しく事前に伺った来年度の売上目標や
新しい事業構想をお聞きして数字に落としこむ資料を作りました。
これはまだ手探りの状態なので、今週お客様にお持ちして一緒に作りこんでいく予定です。

この資料の打ち合わせ、今週に控えていますが
お客様に喜んでいただけるだろうか、不安に駆られながらも
「なるほど!」「わかりやすい!」と言ってくださる顔を想い描きながら
パソコンとにらめっこしている日々です。

バナー(武藤さん)

2016-08-31 | Posted in ブログNo Comments » 

 

■ ライフプラン表~生活の変化にともなうお金の動きを整理するお仕事。数字が見えると分かることが色々あります~

P_20160808_123119

鎌倉の海野税理士事務所よりスタッフのよしはらです。8月は夏休みをもらい長野県で川遊びをしたり、涼しく過ごしてきました。
さて、今回のブログでは、ライフプラン表についてお伝えします。

■見えて初めて考えられる、今後のこと

相続発生前にご相談にいらっしゃる方に、財産と家計の状況を整理するために作成するのがライフプラン表です。
まずは、財産がいくらあるのか、そして家計の年間収支はプラスなのかマイナスなのかを把握します。家計については、今後10年~15年の間に収入・支出に関してどういった変化が起こりそうかを織り込んでいきます。

家計予測がずーっとプラスと出れば、お家のリフォームなど、節約するだけでないお金の使い方も視野に入ってきます。

もし、収支がマイナスで財産を取り崩していく場合は、どの時点でどのくらい不足が発生しそうなのかがライフプラン表から見えてきますので、その時点で有利な財産の取り崩し方を検討したりします。

 

■贈与をしたら、どうなるか?シミュレーションは、いくらでも可能

家計の収支がプラス続きの場合は、財産が毎年増えていくので、残された家族の相続税負担も増えることが予想されるため、贈与(財産の生前移転)を検討したりします。
しかしながら、誰しも自分がどのタイミングでこの世を去るのかは知ることができません。
生前に財産を渡し過ぎて、自らの生活が破たんすることはないのか、次なる気がかりが出てきます。

けれど、これも任意の贈与額をライフプランへ入れ込めば、どの程度財産が減っていいくのかが目に見えてわかります。
老いて医療費が増える可能性もありますし、予想より長生きすることだってもちろんあります。
そんな場合に家計はどうなるのか?といったことがライフプラン上で把握できるので、それではひとまず2~3年だけ贈与をしてみようとか、金額を変えようといったことが検討できるようになります。

 

■相続のみならず、現役子育て世代の方にも

ライフプラン表は、相続税を考えるような世代の方のみならず、子育て世代の方にも、いつ、どのような大型出費(教育費など)があり、準備しなければならないかを検討するには有効な方法だと感じました。
お子さんの年齢に応じて、色々なライフイベントがあると思いますが、そこにかかるであろう金額を予測してみることは、お金を貯めるにしろ使うにしろ、いい指標になりそうです。
お仕事だけではなく、自分自身のライフプランも作ってみなければと思う今日この頃です。

 

葭原さんバナー2(加工)

2016-08-29 | Posted in ブログNo Comments » 

 

■ スタッフ募集中!その3〜仕事は記帳代行にとどまりません〜

IMG_8623

鎌倉の海野博貴税理士事務所よりスタッフのむとうです。
長かった梅雨もようやくあけましたね。
暑い夏、子どもたちも夏休みが始まりました。

いま、税理士事務所では一緒に働いてくれる
スタッフを大募集しています!(ご応募の詳細はこちら
このHPをみて海野事務所に興味を持ってくださった方のために
私の視点から普段の仕事を紹介させていただきます。

 

■記帳代行サービスだけが仕事ではありません。

税理士事務所の仕事といえば、
「帳簿をつけて税務申告書をつくり税金を計算する」、
わりと地味なイメージを持っていらっしゃる方が多いでしょうか。
ママ友だちに「税理士事務所で働いているのよー」というと
電卓片手に難しそうな税金を計算している、ように思うそうです。
私がこの業界に入った15年ほど前は、職人技で申告書を手書きする人も
いらっしゃいましたが、今は税務ソフトが進化して税金計算はパソコンがしてくれます。
もちろん、お客様に代わり会社の帳簿をつけ税務申告書を作るのは
大事な仕事ですが、海野事務所の場合はそれ以外に大事にしていることがあります。

 

■お客様が知りたいことは何か。

例えば決算の数字がまとまり、お客様にご報告をする際には
申告に関わる書類の説明だけでなく、
来年一年間にどのくらいの税金を払うかを目安にしてもらえるよう
毎月の納税スケジュールの作ってお渡ししています。
法人税や消費税などの税金は毎月でなく
年に1度や2度の納税の方が多いので、
申告に際しての納税金額をお伝えすると、え!そんなに?と驚かれることも多く、
通常の事業の資金繰りに加え、納税に必要な資金も計画いただけるようにと
税金や社会保険料も加えた支払いのスケジュールを作っています。

決算を担当していると、申告書をまとめることにやっきになりますが、
よく海野から、お客様の知りたいことは「今年はどんな状況で、いくら税金を納めるのか」
だと言われます。私のようにスタッフはお客様と直接お会いする機会が少ないので
ニーズを肌で感じることに欠けてしまい、よく失敗してしまいますが、
基本は「お客様が知りたい情報は何なのか。お客様に役立つ情報は何なのか」
を考えぬくと自然に出てくるサービスなのだなぁとしみじみ感じます。

 

■未来の計画もお手伝い

帳簿付けは過去を振り返るタイプの仕事ですが、
お客様の未来を一緒に考える、事業計画を作るお手伝いもしています。
「売上がこのくらいで採算がとれるのかシミュレーションしてほしい」
「仕事が増えてきて人材を増やしたいのだけれど、今の売上で大丈夫?」
お客様の経営判断の参考になるような資料をご提案しています。

「とても勉強になり、本当に助かります」と経営者の方から直接お言葉をいただくと
担当として、嬉しくてたまりません。
私にとっては決算申告よりも充実感を味わえる瞬間です。

私から事務所での仕事の一端をご紹介しました。
ご興味を持たれた方はぜひご応募おまちしています!!
写真は我が家で取れた夏野菜。ほぼ毎日この量が収穫できて豊作です!

 

その2へ◀スタッフ募集中ブログ▶その4

 

 

■ 「やるっきゃない!!」の精神で挑戦する日々

securedownload[1]

鎌倉、大船、湘南エリアの海野税理士事務所スタッフの渡辺です。

今年の梅雨は雨も少なく既に真夏のような日が多いですね。
皆さま体調にはくれぐれもお気をつけくださいね。

そんな「ふ~っ」と一息つきたい最近の気候ですが、
事務所ではそんな間もなくそれぞれが担当の業務に忙しい日々を送っています。

私の近況はというと・・・
決算間近のお客様の予測値を立ててみたり、新たなお客様の帳簿入力を開始したり、
これから定年を迎えるお客様のライフプランをまとめる予定・・・
どれも初めての作業なので戸惑いながら体当たりで挑む日々が続いています。

「初めてのこと」=「不安でいっぱい」
でもとりあえずやってみなければ!ということでスタート。
先輩スタッフの見よう見まねをしつつ表にまとめ、仕上げ(たつもりで)海野に提出。
すんなり通るなどとは思っていなかったものの、
予想を上回るたくさん指摘の後「分析が甘い!」と返却。
「チーン…」とお鈴の音が頭の中で鳴り響きしばらく動けなくなりました 。笑

自分で見返してみると、恥ずかしながら何故こんな分析をしたんだ?と思うことが多々。
さらに先輩スタッフにも見ていただき、新たな修正事項を発見。
私の着眼点はどれも甘く、まだまだだなぁと改めて思い知らされました。

ですが、立ち止まる時間もなく、すぐに修正&他の業務に取り掛かります。
やらなければいけないことはほかにも盛りだくさん。
計画的に効率よく、かつスピーディに・・・でも焦らずひとつひとつの業務を確実に
お客様に良いサービスを提供出来る様、この夏走り続けます!
合言葉は「やるっきゃない!」(と自分のなかで毎日呟いています。笑)

先月3歳を迎えた娘。
大好きなアンパンマンのケーキに大喜びしてくれました。

梨紗さんバナー2(加工)

2016-07-22 | Posted in ブログNo Comments » 

 

■ かまくらの学校は面接ラッシュ〜面接を通して刺激をもらったこと〜

IMG_5315

こんにちは、かまくらの学校アシスタントスタッフの八島です。
いつの間にかセミも鳴き始め、すっかり夏ですね。

さて、鎌倉の学校は、先週怒涛の面接ウィークでした。
なんの面接かというと、秋から順次開催されるワークショップイベントの先生と、
当日の運営アシスタントスタッフの面接です。

なんと、1週間で約40人の方にお会いしました!

自分自身が面接をする側になるのは、まったくもって初めての経験。
最初は何をどう進めたらよいのか、まったく分からず、海野の隣でじぃっと耳を傾けるだけ…。

海野の質問の仕方を見よう見まねで実践してみたり、何回か回を重ねるうちに
履歴書を見てこんなことを聞いてみようとか、
これについて聞いてみたらお人柄が分かるのではないか…?と、
ほんの少しですが、想像して面接にのぞめるように。

そして、面接を通じて、自分の好きなこと、得意なことでこんな事をしたい!と力強く語るみなさまが、すごくキラキラしていて、私自身もパワーと刺激を沢山いただきました。

初の試みで手探りではありますが、素敵な先生方が安心して講座を開けるよう、
そして、受講生に満足して帰ってもらえるよう、全力でサポートするのが私の役目。

まずは、初の試みのこの催しのスタートをよい形できるのが目先の目標です!

3連休は山へキャンプに行ってきました。
神奈川県にも、まだまだ手つかずの自然が沢山ありますね^^

八島バナー3(加工)

 

2016-07-21 | Posted in ブログNo Comments » 

 

■ 免税店を開こう!その4~これまでに消費税免税店制度はどう改正されてきたの?今後はどうなるの?~

免税店バナー2

目次
その1 ~免税店にはどんな種類があるの?~
その2 ~免税品として販売できるものは家電製品から化粧品、民芸品まで様々~
その3 ~近隣店舗で一緒に免税販売を盛り上げよう!「手続委託型」の申請手続きはどうやってするの?~

鎌倉の海野税理士事務所よりスタッフのよしはらです。
消費税免税店制度について、どうしたら免税店になれるか?をご紹介するコーナーですが、
今回その4では、免税店制度がどう変遷をしてきたのかについて見てみましょう。

図1

出典:中小企業庁

■2014年:対象品目が拡大。消耗品も対象に!

消耗品とは、食品・飲料・薬品・化粧品などのこと。この改正によって、街中のドラッグストアなどでも免税販売をしているお店が増え、日常的に「TAX FREE!」といったポスターなどを目にする機会が格段に増えたのではないでしょうか。

免税品と言えば、空港で買うブランド品や宝飾品などある程度高額なもの、というのがイメージでしたが、幅広い商品が対象になったことで外国人観光客にとっても使い勝手がよくなり、販売店にとっても売上Upのチャンスが増えたと言えそうです。

■2015年:免税手続きの委託ができるように!

その3でお伝えした手続委託型の免税店が登場したのは、2015年4月1日と比較的最近です。
これにより、複数の店舗で購入した商品を、一か所で合算して免税手続きができるようになりました。合算することで、少額のものでも免税対象とできる可能性があるので、これも一緒に買おう!といったついで買いの促進にも一役買っているかもしれませんね。

また、単独では場所やスタッフの確保の面から、免税手続きを実施するのが難しかったお店も、委託することで免税店への道が開けたとも言えます。

■2016年:免税手続きできる購入額が下がり、より利用しやすく!

2016年5月1日から、一般物品も消耗品も5,000円以上(1人一日あたり)の購入で免税手続きができるように改正されました。
【これまでは、一般物品は10,001円以上、消耗品は5,001円以上(いずれも1人一日あたり)】
一般物品に分類される民芸品や伝統工芸品は2,000~3,000円のものが多いようで、購入しても免税対象となりづらいケースが課題とされていましたが、対象金額の下限が下がったことで買い増しも期待できるようになったわけです。

■今後は、免税手続きの電子情報化!?

実際に免税販売をする際には、購入者のパスポートを読み取ったり、購入記録票を貼り付けたりと、所定の手続きが色々とあります。この手続きにはなにかと「紙」が必要ですが、今後はこうした情報の電子化が検討される模様です。

東京オリンピックの頃、たくさんの外国人観光客の方が日本を訪れ、免税店となったあなたのお店や商店街でお買い物をしてくれたら、、、これは大きなビジネスチャンスになりそうですね。

目次
その1 ~免税店にはどんな種類があるの?~
その2 ~免税品として販売できるものは家電製品から化粧品、民芸品まで様々~
その3 ~近隣店舗で一緒に免税販売を盛り上げよう!「手続委託型」の申請手続きはどうやってするの?~

2016-07-13 | Posted in ■ 免税店を開こう!No Comments » 

 

■ 海野事務所の好奇心BLOG マンスリーダイジェスト5月

みなさまこんにちわ。
海野税理士事務所スタッフの渡辺です。
6月ももう終盤。この前咲き始めたと思っていた紫陽花も
気づけばもう見ごろが終わろうとしています。

さて、今回から毎月毎にその月にアップしたブログの中よりアクセス数ベスト3を紹介し、
振り返っていきたいと思います!

どのブログもスタッフが日々感じていること、特に力を入れていること、
これからやるべきこと…などを個々の観点から綴っています。

1位となったチームワークに関するブログは特に海野事務所の特色が
よく表れているものとなっています。
ママスタッフの多い当事務所。
限られた時間内で円滑に業務を進めるにはチームワークが不可欠。
これからも変わらず常に周りを意識しながら、
チームで乗り越えていきたいと思います!

6月はどのブログが1位になるのでしょうか?
業務に関してはもちろん、事務所に日々流れている空気感、スタッフのこと、
皆様に感じていただけるよう今後も発信していきますのでお楽しみに♪

■ 第3位
再会!!違う立場となって読むバンクビジネスsecuredownload

■ 第2位
ふるさと納税でもできる!熊本地震支援

芝桜

■ 第1位
私たちはチーム〜みんなでやり遂げる〜
DSC01243

 

2016-06-30 | Posted in ブログNo Comments » 

 

■忙しくてもゆっくり急いで ~2016年行動指針を忘れずに~

IMG_8325

鎌倉の海野税理士事務所からスタッフのむとうです。
気がつけばもう6月も終わり。
材木座や由比ヶ浜では海の家が登場しはじめました。
夏がすぐそこまでやってきていますね。

そんな中、かまくらの学校は大きく動きだしています。
講師の先生募集は、期待を大きく上回るご応募を頂き
担当スタッフはてんやわんや。嬉しい悲鳴をあげていました。
どんな方と出会えるのか、直接担当してはいませんが
今からワクワク楽しみにしております。

税理士事務所業務もルーティンばかりではありません。
新しいお客様のご縁を頂いて、
「時間のない中、弊社で帳簿をつけていない状況で決算&申告をする」
という経験をさせて頂きました。

どうやって決算を固めていくのか、申告はできるのか。
タイトなスケジュールでどこまでやり遂げられるだろうと毎日不安でいっぱい。
本当に申告を終えられるのか、
夢にみた日は1日どころではありませんでした。。

そんな状況の中でも1つだけ守ろうと心に決めていたことがありました。

「絶対に焦らない」
「じっくり考えてから、作業に移す」

焦っていると、とにかく事務処理を進めたいという気持ちが
湧いてくるのですが、ここはじっと我慢。
このやり方でいいのか、順序は間違っていないか、
どこまでまとめて海野に相談するか。

年初のミーティングで海野が
「ゆっくりと急ぐ」といっていたセリフを
頭のなかで何度も繰り返していました。

こちらの時間ギリギリの質問にもかかわらず、
お客様は素早く対応していただき、最終的な数字が固まったのが申告最終日。
申告作業を終えたときは抜け殻のようになっていました。
精神的にはタイトな経験でしたが、
時間がない中でお客様と密にコミュニケーションを取らせてもらい
お客様との距離がぐっと近づいたような気がしています。

申告を終えて早々に、次は海野とお客様へご提案する資料の相談。
決算をかためて申告書を作る仕事も好きですが、
お客様に寄り添って、ご要望に応じた経営資料を作る仕事は
ワクワク感がたまりません。

プライベートでのワクワクは、種から育てている家庭菜園のトマトとバジルです。
うまく育ってくれますように。

 

バナー(武藤さん)

2016-06-28 | Posted in ブログNo Comments » 

 

■ 30%で一旦確認 〜こまめな打ち合わせで軌道修正、方向転換が可能に〜

IMG_2453

鎌倉の海野税理士事務所よりスタッフのみうらです。

事務所では帳簿をお手伝いさせていただくのはもちろんのこと、必要に応じて資料を作成し、その都度、お客様にご提案しています。
先日は、お客様が新しい事業を始められるにあたり、どのような帳簿や書類、処理が必要になってくるか、また、それらの仕事をどなたが担当されるかを把握しやすい一覧を作成しました。

まずは海野との打ち合わせ。
海野が紙にさらさら〜と概要を手書きで説明してくれるので、それをより詳しく落とし込んで仕上げていきます。
ただし、「30%のところで持ってきてね」と一言添えられました。

確かに、ほぼ完成間近になり「見てください!」と持っていっても、方向性が違っていると、今までしてきたことが時間の無駄になってしまいます。
ぼんやりと出来てきたところで、一旦確認。考えが間違っていたら軌道修正。より良い方向性が見つかれば方向転換。
途中でこまめに確認を入れていくことで、それらが可能になります。
忙しい海野をつかまえて、何回も確認をするのは正直気がひけるのですが、やはりお互いの意思疎通は大切だと感じました。

結局、今回の資料が完成するまでに計4回の打ち合わせを行いました。
最後の打ち合わせでは、見やすいように色分けの指示をいただき、無事完成。
お客様のお役に立てますように、と思いを込めながらファイリングしました。

写真は、公園で見つけた咲き始めの紫陽花です。この季節になると、「ここにもあったのね!」と驚くくらい街のあちらこちらで見かけますね。自分だけの密かな紫陽花スポットを見つけられそうです。

三浦さん(加工2)

2016-06-21 | Posted in ブログNo Comments » 

 

1 2 3 4 5 6
TOPへ