■ メンター1年生 〜古株も常にチャレンジ〜

IMG_1611

鎌倉の海野裕貴税理士事務所 スタッフむとうです。
このところ、わたしは帳簿入力などの事務作業に代わり
他のスタッフをフォローするという仕事が増えてきました。

先月は、「決算と申告業務が1人でできるようになってもらうこと」が目標でした。
事務所にはマニュアルはないので、とにかく実践あるのみ!
わたしは担当スタッフの隣にすわり(相当なプレッシャーだと思いますが(笑))
いつでも質問してもらえる体制を作りました。

いざスタート。

「いままでつけてきた帳簿が正しいかどうか、1ずつ検証していきます」
「例えば売掛金なら、これをみると・・・あれ、ここずれてない?ちょっといいかな。。」と
気づくとわたしが確認作業に没頭していました。
これでは、ちっとも担当スタッフのためになっていません。
彼女の反応を見ると、理解したかどうかイマイチの様子。そりゃそうです(笑)

申告は期限がありますし、ママスタッフは残業できません。
明日子供が発熱したらどうする?と締切が気になり、早く答えを導きたくなりますが
これでは、掲げた目標は達成できません。。

そう気づいてから、
なぜその確認作業を行うのかという理由と
確認作業のためには、どんな方法が必要なのかを説明することに
かなりの時間をさきました。

決算は海野のチェックを受けるために、決算資料の提出日を決めるのですが、
メンターの力不足のため、予定から1週間以上遅れてしまいました。。(すみません)
でも、そのあと担当スタッフが頑張ってくれて
無事お客様との打ち合わせ&申告も済み、ほっと一息。
「決算しっかりまとまっていたよ。おつかれさま。」と
海野からねぎらいの言葉をもらい、自分のことのように嬉しかったです。

子供がかわいいから、親は子供が失敗しないよう先回りして手を出してしまう。
それでは子供は成長できない。
仕事も同じなんだなぁと感じた出来事でありました。

写真は帰宅途中のひとコマ。
きれいな夕焼けが一日の疲れを癒やしてくれます〜。

武藤さん(加工)

2017-10-11 | Posted in ブログNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment



TOPへ