■ はじめまして!

高千穂

はじめまして。
入所3か月目に入りました福田です。

今回、子育てを経て3年ぶりの社会復帰となり緊張しております。これまでは約7年間、着物店で販売や着付けをしておりました。
「着物屋」と「税理士事務所」というと一見あまり共通点が無さそうですが、同じ「サービス業」なんだということをこの2か月で実感しています。

お客様にお渡しする決算報告書等をファイルに閉じているときでした。
「お客様にお渡しするものだから綺麗に」とのアドバイスに指の先まで緊張感が走り、仕立て上がりの着物を新しい畳紙(着物を包む紙)にしまう時の緊張感を思い出しました。

また所内の会話から「お客様が今どういった状況で何を必要としているのかをこちらが読み取って差し上げることが大切」といった内容が聞こえて来たときには、着物選びで困っているお客様とのやりとりが思い出されました。

「着物」も「税務」もお客様の大切なものをお預かりして、様々なご相談を頂きながら長くお付き合いさせて頂くという点で共通していて、だからこそ緊張感ややりがいもあるのだと思います。

とは言うものの、入所3ヶ月目の現在、これまでの経験を活かしたりやりがいを感じたりという余裕がある訳もなく、1日でも1時間でも1分でも早く目の前の仕事に慣れなければと、気を引き締めております。

お客様に安心してお話していただけるように日々精進して参ります。よろしくお願いいたします。

(写真は日本神話の原点、宮崎県の高千穂峡にて撮影した一枚。出発に相応しい、心洗われる場所です。)

2017-08-28 | Posted in ブログNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment



TOPへ